自社製品の購入で金欠状態になっている

y86

アパレル企業などに勤めている方は、勤めているアパレル企業の製品を着用を義務付けられる事が一般的ですし、入社する方も覚悟している事が多いと思います。

ただ、「社員に自社製品を自腹で購入させるのは違法ではないのか?」と思う方もいらっしゃると思います。

いくら社割されるといっても、購入頻度が多ければ、大きな負担になります。また、意図的に高い商品を社員に買わせるような上司もいらっしゃいます。

アパレル企業に限らずに、営業の場合も、売り込む商品を理解するためという名目のために営業に自腹購入させるような企業もあるようです。

これらが違法か否かと言われると…ケースによって変わって来るとしか言えないのが現状です。

ただ、明らかに高額な商品を買わせる事は脅迫と捉えられますし、実際に裁判では自腹購入していた営業の方が、購入した健康商品の代金を返金して貰ったなどの判例も存在します。

一方でアパレル企業の制服となってくると少し複雑になります。例えばスーツを持っていない方に、スーツ着用で職場で働いてくださいと言うのは違法でしょうか?

その購入代を企業が払う必要があるかと言われれば、ありませんよね。

ただ、明らかに制服目的ではなく、自社製品を定期的に購入させているとなると話は別です。その場合は、企業が有利な立場から買わせたと捉えられ脅迫に該当する場合もあります。

結論を言えば、購入頻度や給料から使われる購入代の割合といった総合面から違法か妥当か見られます。

明らかに生活に支障をきたす程の自腹購入を定期的に強制するのでしたら、退職前に弁護士に相談してみても良いかもしれません…

ただコストパフォーマンスを考えると、他にもパワハラといった観点から慰謝料などを取らないと時間的や手間を考えると割に合わないかもしれません。

一番良いのは、自腹購入を強制させてきたり、自社製品の購入が生活に支障をきたしていると判断したら、早めに転職を検討する事だと個人的には思います。

スポンサーリンク

仕事に費やすお金

fef6cee88ebae55ac492ce28e9896c83_s

仕事をして行く上で、何処まで企業が負担してくれるのか、そして何処から自己負担なのかは明確には決められていません。

事務職として働いている方の多くは、付箋やクリップ、ホッチキスの針、スティック糊などは企業が負担してくれる事が一般的だと思いますが、企業によっては全て社員負担を求める事もあります。ただ、後者の場合は就業規則に載せる必要がありますが…

しかし、企業によってはパソコンといった金額の大きいもの以外は載せていないといった不備もあります。

その場合は、例え金額が低い事務用具を自己負担させるのは違法と考えられますが…多くの方は上司に進言する面倒な方法よりも、数百円の自己負担で解決する方法を選択すると思います。また、金額が低い場合は大目に見られることもあるようです。

不満を持っている方が多ければ進言しやすいですが、自分一人だけだと言い出しにくいので、最後は何処まで妥協できるかだと思います。

なお、業務に不要だったり、企業にある文房具の上位相互(会社に置いてあるよりも性能の高い電卓を買うなど)は当然自己負担になるので注意いしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加