残業の強制は許されるのか

残業

ようやく終業時刻になって帰宅しようと思っていたら、上司から仕事を押し付けられた場合は、果たして許されるのか…

残念ながら、基本的には例え終業時刻1分前だろうと、今日の内にするべき仕事を指示されたのでしたら、残業をする必要性があります。

スポンサーリンク

36協定による残業の正当性

企業は、労働基準法に定められた上限である8時間以上は労働者を働かせてはいけないとされていますが、36協定が成立している場合は、法で定められた上限以上の仕事を労働者に課すことができるとされています。

もちろん、割増賃金は支払う必要はありますし、サービス残業なんて許されはしません。

また、36協定がされているからといって何時間でも残業が許される訳ではありませんが…不測の事態に備えて、一時的に36協定の上限さえ超える事も一応可能ではあります。

詳しくは36協定による残業はどこまで許されるのかで説明しているので、興味があれば参考にしてみてください。

ただ、この36協定ですが、実は中小企業の約過半数が結んでいないとされています。

もし結ばずに法律で定められた以上の労働時間で働かせた場合は、労働基準法違反となります。そのため、一度就業規則等を調べて、勤めている企業が36協定に入っているか確認してみる事をオススメします。

もし、サービス残業と合わさっているのでしたら、労働基準監督署に相談すれば、指導が入る可能性もあります。

⇒サービス残業代を企業に支払わせたい

残業を断る事はできるのか

No

断る事は基本的にできないと思った方がいいです。嫌がらせによる残業でも、残業代が支払われる、36協定内の範囲でしたら難しいです。業務の必要性のない仕事でしたら、断ることも可能と言われていますが…正直言って証明する事が難しいので弁護士と相談しながらになると思います。

そこまでするのでしたら、転職した方が時間も無駄になりませんし、精神的にも良いと言えます。

ただ、終業時刻前に仕事を頼まれた場合は、一度今日中まで終わらせないといけないのか相談しましょう。

もし、すぐに帰宅する必要があるので、理由を説明すれば断ることも可能かもしれません。

また、上司としては部下の裁量に任せてしまっていることもあります。実際に私も、帰宅時間に任される仕事にうんざりしたこともありますが、一度尋ねてみたら「明日でも良いよ~」と軽く言われて気が抜けた覚えがあります(笑)

頼まれたら、「分かりました」と即答するのではなく、「何時までに終わらせるのか」を聞くようにしましょう。

期限ぐらい頼む時に言って欲しいものですが、頼む側も忙しいと忘れてしまう事もあるので、自分から自然に聞く癖も付けましょう。

そして、今日中と言われたら諦めるしかありませんので…もし、緊急の用事があるのでしたら、前述したように明日までに延ばして貰えないか相談しましょう。

残業ができるか否かで評価が変わるのか

puzzle-535510_640

昔の企業体質が残っていると、「残業している=頑張っている」と思われる事もあるようです。

実際は、残業しているという事は残業代を取られているので、企業としては帰宅時間までに仕事を終わらせた方が損失は少ないのですが、それでも残業が評価される事はあります。

人によっては、残業代目当てにわざと仕事を長引かせている場合もあるようです。

このような状況になると、当然仕事を早く終わらせるメリットが無くなるので、仕事の効率も悪くなりますし、仕事に対するモチベーションも下がります。

ただ、残業をするか否かで評価が変わるのは、違法かと問われると違法な場合も存在します。

ただ、企業が残業しているか否かで評価しているかを証明するの困難です。企業側も素直に残業が評価を上げると言う事はありません。

そのため、もし納得いかないのでしたら、仕事の結果が評価されやすい企業に転職するのが一番と言えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加