有給休暇の申請を断られたら

有給休暇の申請を事前にしていたのに、『断られた』、『連絡が何もなく、シフトも普通に入れられている』と嘆く人は少なからずいらっしゃいます。

休めるものと考えていて、旅行の予定を立てていたり、転職活動で面接の予定を入れている人にとっては頭を悩ます点と言えます。

この場合の方策としては、自分の予定を諦めるか、無理にでも有給休暇を取得できるように行動するかの選択肢になります。

有給休暇自体は、使用者から許可を貰うものでなく、労働者側の権利になるので、基本的に使用者側が有給休暇の申請を断ることはできません。

例外としては、時季変更権と呼ばれる使用者側の権利の存在になります。

簡単に説明すれば、労働者側が有給休暇を取ることで、事業の正常な運営を妨げる際は、使用者側は労働者側が申請した有休休暇の日程を変更して貰える権利になります。

しかし、この権利を使用者側が行使するには、労働者側が申請した日にちに有給休暇が取れるように一定の努力をする必要があります。

また、1年を通して人手不足が常態化しているような場合は、有給休暇の申請を断る理由にはなりません。

繁忙期だったり、有給休暇の申請が多数重なってしまった、または一時的に想定外な忙しさ陥っているといった理由が必要になります。

この辺りは様々な要因から判断されますが、使用者側が一方的に労働者側の有給休暇の申請を拒否することはできないと言えます。

スポンサーリンク

泣き寝入りするしかない状況

労働者側は、無理やり有給休暇を取得することはできますが…一方で、それを断行すると職場に居場所を失うリスクが発生します。

また、会社側が無断欠勤と扱ってきた場合は、裁判などに発展して自分の正当性を証明する事が求めらるか、やはり泣き寝入りをすることが求められる可能性があります。

その点を考えると、無理にでも有給休暇を取得する事は手間も掛かりますし、リスクも高いです。

そのため、会社側に納得する説明をして有給休暇を取得する事が最善と言えます。

有休休暇を取得する場合は、理由を説明せずに『私用』のみでも構いませんが、それだと会社側に申請を断られる可能性が出てきます。

そのため、会社が断られる事が難しい理由を嘘でも良いので述べる事をオススメします。

就業規則などで、虚偽報告を懲戒処分の対象にしていることもありますが、有給休暇の理由を偽った程度で懲戒処分が認められる可能性は相当に低いと思います。

また、家族の病気や入院の見舞い、結婚式の参加、葬儀の参加といった理由の嘘を会社側が見抜くのは非常に難しいです。

リスクが全くないという訳ではありませんが、もし有給休暇を断られる可能性があるのでしたら、上記の理由を考えてみても良いと思います。

転職活動しているなら無理やり取得するのも選択肢の一つ

転職活動をしている人の場合は、面接の日が平日になったら有給休暇を使用して受けるか、自身の急病で欠勤するか、もしくは諦めるかの選択肢になります。

有給休暇を申請した日に急病を起こすと怪しまれるので、基本的には有給休暇の申請が通らないという確信がある場合の手段になります。

ただ、何度も通じる手段ではないので注意は必要ですが…

在職中に転職できなかったら、退職してから転職活動を本格的にする…と考えている人でしたら、無理やり有給休暇を使ってもよいと思います。

もし、そうではないのでしたら、諦めるか、急病だと偽って受けるようにしましょう。

どちらにせよ、有給休暇を使用できない中で働きながら転職活動をするとなると、チャンスは限られてくるので、相応の覚悟が必要だと思った方が良いと思います。

⇒転職・再就職にオススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加