有給休暇の買取をして貰う事ができるのか

99c4b98b6eee2682d51d8bdd5cae2b1d_s

有給休暇の買取…と言う言葉を聞いた事のある人は少なからずいらっしゃると思います。

会社の体制を考えると、まず全ての有休休暇を使うことはできない…しかし、有休休暇を余しているのも勿体ないと思っている人の中には、有休休暇の買取などして貰えないのかと思う人もいらっしゃると思います。

ただ、残念ながら、先に結論を述べると、有休休暇の買取は法で定められている訳でないので、会社に義務はありません。

また、会社が有給休暇を買い取ってくれることも、ほぼ無いと思った方が良いです。

理由としては、有給休暇は労働者が就労に付かない事を意味するので、それを買い取ってしまっては、有給休暇の意味を失ってしまいます。

会社としても、緊急時や労働者の心身を癒すための有休休暇をお金で帳消しにしているといった評価は避けたいというのが本音と言えます。

加えて言えば、有給休暇を買い取る事を前提とした労働を強制した場合は、会社は労働基準法違反になる可能性もあります。

もちろん、労働者からしたら、使えない有給休暇なら買取って貰った方が嬉しいかもしれませんが、それができないのが現状と言えます。

スポンサーリンク

実質的な買取はある

私が転職するために会社を辞める際に、会社に計らって貰った方法になりますが、実際の退職日を有給休暇分伸ばして貰う方法になります。

この方法でしたら、実質的な買取と言えるかもしれません。

問題点と言えば、有給休暇は直近の2年分までしか使用できず、2年を過ぎた分は使用できない点になります。

そのため、今まで使用しなかった有休休暇をまとめて退職時に使用することはできないと言えます。

また、退職日を伸ばして貰えるかどうかも、会社次第とも言えます。

私の場合は、退職日まで有給休暇を使って辞めるか考えたのですが、人手不足のため、会社からの打診で退職日を伸ばして、その分を有給休暇に充てることになりました。

そのため、有給休暇を無駄なく辞める場合は、退職日と有給休暇の残りも考慮して、無駄なく使用すると良いと思います。

有給休暇の使用は労働者の権利である事を忘れない

有給休暇は、労働者の権利…と言われても、簡単に使用することができないのが日本の社会と言えます。

しかし、せっかくの権利を放棄するのも勿体ないです。

そもそも、会社は労働者の有給申請を断れることはできません(例外はありますが)。

もちろん、事情なども説明する必要もないですし、リフレッシュや旅行のために休んでも全く問題がありません。

あるとしたら、それが簡単に許されない会社の職場環境と言えます。

その事を前提としては、有給休暇を取る事が必要な際は、ある程度開き直って取得する事も大切です。

もし、その程度で人間関係が悪くなったり、ましてや有給休暇の一方的に断られるのでしたら、もっと働きやすい企業に転職することも考えてよいと思います。

もちろん、有給休暇を使う暇もない程に忙しい一方で、給料が非常に高いといった会社もありますが、そのような待遇面が特筆していない会社でも有給休暇を取得させない環境を作っていないこともあります。

そのため、一度転職するべきか否か、客観的に自分の会社を評価してみても良いかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加