嫁ブロックで転職できない

嫁ブロック…それは転職を望む男性にとっては、ある意味一番の難敵と言えます(笑)

ただ、安定して働けている夫が突然転職を決断したら家庭を守っている女性側が戸惑うのも確かだと思います。

給料が増えたり、給料は変わらなくても休日が増えると言った事が保証されているのでしたら嫁ブロックは弱くないますが、退職した後に転職先を探そうとしたり、在職中に転職を希望する企業から内定を貰っても一時的に給料が下がるのでしたら嫁ブロックは当然強くなります。

転職しても将来的に給料が上がる、今の企業で働いていても定年まで働けるか分からないといった話をしても、女性は男性よりも抽象的な未来を嫌う傾向があります。特に子供を産んだ女性は、転職に生じるわずかな不安にも敏感になりがちです。

まあ…給料や休日といった待遇なんかよりも、企業のブランド名を重視するような、外面だけを気にする方もいらっしゃいますが…

待遇が上がったり、一時的に給料が下がっても上がる見込みが合っても、大企業から中小企業に夫が転職する事に納得しない奥様も結構いらっしゃるようです。

実際に人事の担当をしている方も、転職の応募をしてきた方が嫁ブロックに合い内定辞退をしてくることも結構あるそうです。男性の弱さが良く分かりますね(笑 )

スポンサーリンク

嫁ブロックを解除するには

ed7ee0548bc78d1dd2759cc335fe2271_s

方法の一つとしては、お金をしっかりと貯金して置くことになります。

パートナーである奥様が不安を感じる理由の大部分は金銭面による不安が多いです。そのような不安を少しでも軽減するためにも、給料が一時的に減っても生活水準をそれ程落とさずに済むように準備をしておきましょう。

もし転職ではなく独立などを望むのでしたら、最低でも1年以上は収入がなくても過ごせる貯金は欲しい所です。

また、子供の教育費などにお金が掛かる時期になる前に転職などは済まして置くと良いと思います。一番金銭面に不安を感じる時期に被せないようにしましょう。

そして一番大切なのは、本気で話し合うことです。

共働きしているような家庭でしたら、仕事に対する理解もありますが、一方で家庭に入っている女性ですと漠然とした不安に苛まれることになります。そのため、転職または独立についての詳しい内容と将来的な見通しなどを話し合いましょう。

一方的に自分の意見を通すのではなく、お互いに噛み合っていない考えなども歩み寄りながら擦り合わせて行きましょう。

なお、夫の勤めている企業の肩書を捨てて欲しくないような奥様の場合は、給料面のアップといった待遇の向上(将来的な上昇含めた)によるメリットで納得して貰うように努めるのが一番建設的かもしれません。それでもダメなら…諦めるか徹底抗戦のどちらかを選ぶことになるかもしれません(笑)

夢を追うリスク

待遇面の向上ではなく、夢を追うために転職したいと思っている方もいらっしゃいます。

独身なら問題ありませんが、家庭があるのでしたら男性一人の問題ではありません。

あなたの夢にパートナーである伴侶を無理に付き合わせて苦労させる覚悟があるのか考える必要がありますし、猛反対される可能性も非常に高いです。子供かいるのでしたら尚更です。

結局は徹底的に話し合うこと以外は解決できませんが、間違っても夢を追う転職を最優先にする事のないようしましょう。

パートナーである伴侶の意見をしっかりと聞いた上で、お互いが一番幸せになれる選択肢を取りましょう。自分だけの幸せだけを考えることのないようにしてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加