日本企業の女性の働きにくさ

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s

女性が働きやすい企業は確かに存在しますが、探すのは難しいと言えます。

女性が働きやすい仕事の代表例としては、化粧品の訪問販売といった個人の成果が給料に直結する仕事になります。チームを組んだりする必要がないので、女性の裁量で働く事ができますし、育児休暇や産休なども比較的取りやすいです。

また、給料はそれほど高くありませんが、仕事がルーチング化されている一般事務といった仕事も、長い休暇をとったからといって仕事が大幅に変わることはありません。

ただ、ルーチング化されている仕事は代わりを務める人材も探しやすい事から、戻って来たら他の社員によって埋められているリスクもあるのも確かです。

また業種を問わずに働きやすい職場としては、やはり女性の管理者が多い企業になると思います。しかし、そのような企業の多くは、企業イメージをアップさせるゆとりがある大手の大企業が多いです。

例を挙げれば、資生堂、サントリー、NTT、TOTOなどになります。一つの業界の中でもトップクラスの企業に入社できたのでしたら、それなりに産休・育休なども取りやすいようです。

スポンサーリンク

メンバーシップを重視する日本企業

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

メンバーシップとは、企業という組織が上手く機能するために自分の仕事は勿論の事、他の社員のサポートもし合う体制になります。

また、上司から頼まれる管轄外の面倒な仕事に対しても断らず自発的に協力する働き方になります。

海外ですと個人の仕事が終われば帰宅できる事が多いですが、残念ながら日本は個人同士どころか部門を超えて仕事をサポートし合うのも当たり前なので、必然的に長時間労働が当たり前になります。

そのため、女性の場合は家庭と両立して働く事は非常に難しいです。

また、一部の大手の企業でしたら、育休や産休で休まれても、高いコストでも派遣社員を雇うといった手段が使えますが、中小企業となると、派遣社員を雇うといった余裕がない、または雇えても教える時間がない可能性もあります。

そうなると、一人の社員が休んだことで生じる仕事を他の社員でサポートし合うことになります。

結果的に仕事の忙しさが増したことで離職が増える可能性もありますし、仮に休暇が終わって戻って来ても辞めてしまう方もいらっしゃいます。

そのようなリスクを背負うなら企業としては、いっそ辞めて新しい社員を雇いたいとのが本音である事が多いです。

女性の働きやすい社会に日本は向かっているのか

悪くなる可能性は低いですが、目だって改善される事は少ないと思います。

もし良くなるとしたら、前述した余裕のある大手の企業の待遇がより良くなる可能性が高いです。

そもそも、成長企業にとっては育児休暇や産休以前に男性・女性関係ない年間休日や退職金制度の整備といった福利厚生を整えて、産休や育休で退職する女性ではなく、会社の待遇の不備で辞めてしまう社員の離職率を下げる事を考える事が一般的だと思います。

そのため、産休や育休がとりやすく、長時間労働にならない環境は後回しにされやすいです。

日本の企業は再就職に大きなハンデを負う

育休や産休などで仕事を辞める事になっても今までのキャリアを無駄にせずに、再就職できる環境を個人的には進めて欲しいと言えます。

これでしたら、男性・女性関係なく恩恵がありますし、企業にとってもそれ程大きなデメリットはないと言えます。産休や育休で辞めた女性に限らずに、日本は一度事情が合って一定期間が働いていない方には非常に厳しい面があります。

一度採用してしまうと簡単には解雇できないといった点もあり、余計なリスクを背負いたくないといった理由もあるかもしれませんが、それでも過去のキャリア等を考慮した採用ができる体制を整えて欲しいとは個人的に思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加