わざと仕事の効率を落として残業する事は許されるのか

39807d4127b678b3c8cb398660ab755f_s

わざと仕事の効率を落として残業を稼ぐ…といった手段を取る方は少ならずいらっしゃいます。

このような手段を取られると、周りの社員に負担のしわ寄せが行きますし、会社にとっても負担になります。

一方で、このように仕事の効率を落として働く事は許される行為なのか、会社は解雇できなのかと疑問に思う方も多いと思います。

スポンサーリンク

会社は社員を簡単に解雇できない

例え仕事の効率を落として、わざと残業代の金額を増やしたとしても、そのことを理由だけに社員を解雇させる事は難しいです。

仮に解雇させるなら、社員側が仕事ができていない、または態度に問題がある事を明確に指摘した上で、何回も注意を繰り返し解雇通知を出す必要があります。

もし、本当に仕事が上手くできない場合は、出来る限りの研修を受けさせたり、教育を徹底するといった手段を取らないと、能力が低いことで解雇させる事はできません。

問題行動をしているのなら話は別ですが、単純に仕事を遅くしているだけだと、解雇させるだけの注意ができない事が多いのも障害と言えます。

そのため、仕事の効率が遅い事から評価を下げるといった間接的な手段で仕事の効率を上げさせる事が精一杯の注意と言えます。

仮に、そのままなら、会社側は賞与などを大幅に減らす事も出来ますし、ある程度の厳重注意や教育・研修を重ねれば解雇させることも一応は可能な場合もあります。

会社側が無理やり帰宅させることもある

このような残業代を稼ぐ社員を防ぐ方法として、帰宅時間を決めて、無理やり帰らせる会社も存在します。

また、仕事ができない場合は、他の社員に割り振って、その人の評価を大幅に下げ、無理やり帰宅させるといった手段もあります。

解雇はハードルが高いので、残業できない環境を作るようになっている会社は増えてと言えます。

サービス残業は許されない

わざと仕事の効率を落としているから残業代は払わない…安易にこのような方法を経営者が取ると、労働基準監督署から是正を受けることになります。

日本の法律では、仕事の効率を落とそうが、社員の働いた賃金分は会社が払う必要があります。

また、残業代を貰うために、わざと仕事の効率を落として働いているような社員でしたら、残業代が貰えなければ、すぐにでも労働基準監督署に駆け込む可能性も十分あります。

定年まで会社で働きたいと思っている方や、出世を考えている社員と会社でしたら、会社の方が立場上になりやすいです。

しかし、出世や職場の環境などに興味を持たず、お金を貰えればよいとだけ考えている社員となると、簡単に解雇できないという点を考えると、会社の方が立場が弱くなると言えるかもしれません。

わざと残業時間を伸ばして残業代を増やす事は許されるか

silhouettes-68483_640

許されない…と言いたいところですが、周りの評価を気にしなかったり、バレないようにする上では、許される環境と言えるかもしれません。

防ぐには、余計な残業ができない環境を作ることが会社に求められていると言えます。

ただ、個人的には労働者にとっては間違った働き方でもないのではと実は思ったりもします。

極論を言えば、使用者側は、どれだけ人件費を抑えて労働者を働かせたいかを考える事は間違っていませんし、労働者側はどれだけ自分にとって効率のよい働き方で賃金を稼ぐかを考えて実践するのも間違ってはいません。

残業を増やせる環境があるのなら、労働者がそれを利用したとしても、それは会社側の責任とも言えます。

もちろん、労働者側は評価が下がったり、注意を繰り返されれば解雇されるリスクもありますが、そのリスクを覚悟する、またはバレない範囲なら手を抜いても、それも一つの働き方なのではと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加