若者の短期退職による転職活動

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

20代の短期退職がハンデになるかと言われるとメリットになる可能性は少ないと思います。ただ、働き続ける価値がないと判断した企業で勤めるデメリットを考慮した上で他の企業に転職する事は間違った判断ではありません。

最近は、既卒・第二新卒を積極的に受け入れる企業も増えているので、目的をもって転職するのでしたら、短期退職しても苦労する可能性は低いのではないかと思います。

スポンサーリンク

青い鳥症候群は避ける

blue-bird

20代の若者の退職で注意して欲しいのは、青い鳥症候群と呼ばれる、目的なく転職を繰り返すことです。

もっと具体的に言うと、自分の天職があると信じて、短期間における退職と転職を繰り返すことを言います。

厳しい事を言えば、一部の天才以外は学生から社会人になって、最初から結果を出せる方はいません。そのため、自分の天職か否かなんて判断できる人も非常に少ないです。

それを分からずに転職を繰り返していると、無駄に時間と意味のない職歴を積み上げて行きます。

それよりも、「何をしたいのか」、「どのような仕事をしたいのか」を考えて就きたい仕事を決めましょう。向き不向き等は、働き始めなければ分かりません。

もしかしたら、思っていた仕事と実際の仕事が違ってギャップに苦しむかもしれません。

すぐに諦めずに根気強くギャップを埋める努力はするべきですし、大切な事だと思います。

しかし、そのギャップを埋めることができないのでしたら、同じ失敗を繰り返さないように、徹底して事前調査した上で、やりたい仕事ができる企業を探して転職すれば良いと思います。

もし、今の実力や経験では転職が難しいのでしたら、今の企業で勤続年数と経験を積んだ後にキャリアアップの転職をすれば良いです。

安易な転職は避けるべきですが、他にやりたい仕事が明確になっているのでしたら、短期退職して転職しても良いと思います。

他人の許可を求めて転職を決めない

bae91bc2d6c92bed152bf0402abf4f4f_s

20代の時間は非常に貴重です。失敗を繰り返してもハンデになりませんし、いくらでも取り返せます。

やりたくない仕事でも我慢して働く事は無意味とは言いません。

そこで学び、積める経験があるのも確かです。

ただ、そこで身に付けた経験が将来的に転職したいと思っている仕事に活かせないのでしたら価値は低いです。

よく「3年は働かないと仕事の楽しさ何て理解できないと」述べる年配者がいますが、そんな保証は誰もしてくれません。

3年あれば公務員試験にも高い確率で受かりますし、難関資格にも合格できる可能性もあります。

30代以降になってくると、給料の減額や選べる求人の少なさ、家庭に与える不安などが転職のリスクが高まります。

もし、本気でやりたい仕事があるのでしたら、周りの意見や許可など求めずに挑戦する事も大切です。

足を引っ張る意見と純粋なアドバイを聞き分ける

本気であなたを心配してくれる言葉やアドバイスには真摯に向かい合うべきです。

あなたが本気でやりたいと思って転職を考えている仕事に誤解や理想が混じっている可能性もあります。また、転職すれば解決できると思っている問題は、実は解決できないという事もあります。

そのようなリスクに関してのアドバイスには向かい合うべきと言えます。

一方で、足を引っ張るための意見には耳を貸してはいけません。

「短期退職をしたら転職先がない」、「転職しても今よりも待遇が悪い企業にしか転職できない 」、「我慢が足りないから、また転職することになる」といった根拠のない意見は無視して良いでしょう。

特にブラック企業に勤めているような企業の上司や同僚に多い意見かもしれません。

自分は転職する意思を持てない、する気が無いような諦めてしまった方は、自分を正当化するために上記のような「転職に対する否定的な意見」で自分が正しいと思い込みますし、他に人間にも押し付けようとします。

もし、そのような意見を述べられたら、その方のように将来的になりたいか考えてみましょう。

その意見に従うという事は、そのような意見を持つ人材になる事になります。その事を考えた上で耳を傾けるか否か考えると良いでしょう。

短期退職による転職が正しい訳ではない

illust2_01_w600

ここまでの内容を考えると、短期退職すべきと言っているような意見になっていますが、絶対に正しい考えとは私も思っていません。

今の企業で学べる経験があるのでしたら、学んだ後に転職を考えた方がいいです。また、企業の求人によっては、社会人経験○年以上の方と条件が付いている事もあります。そのため、求人の選択肢を増やしたいのでしたら、2~3年最初の企業に働く選択肢も間違っていません。

一方で勤続年数が短くても採用してくれる企業もあります。そのため、退職する前に転職サイトや転職エージェントなどで、あなたが希望している企業に、今の勤続年数とスキルで転職が可能か考えましょう。

勢いも大切ですが、準備も非常に大切です。今の仕事をすぐにでも辞めたいと感じていても、冷静に行動するようにしましょう。

後悔のない選択をする

やりたい仕事があるのに、我慢して他の仕事をすることは間違っていません。仕事以外が人生ではありませんし、他の事で楽しみを得れば良いですし、時間と共に好きになる可能性もあります。

ただ、転職のリスクを嫌って、やりたいくない仕事をしても好きになるか分かりませんし、出世できるかもわかりません。嫌いな仕事を続けて、結局解雇される可能性もあります。

その時になって、やりたい仕事に転職しておけば良かったと思っても既に年齢的に遅い可能性があります。

あなたの人生で仕事をどのような位置づけにするかでも、働き方は変わってきます。

ここまで転職が正しいような事を言いましたが、失敗するリスクも確かにあります。一方で転職せずに同じ企業に勤めていても簡単に切り捨てられるリスクもあります。

そのため、最後はあなた自身の決断になります。

転職に正解も間違いもありませんが、後悔のない選択をすることが一番大切だと個人的に思います。

オススメの転職エージェンド:DODA

転職を本気で考えているのでしたら、自分で求人を探すだけではなく、キャリアコンサルタントなどから客観的にあなたの経歴で応募でき、条件を満たす求人を探して貰いましょう。自分で求人を探すと、イマイチ内定の可能性のあるラインが分からないと思います。

そのため、プロのキャリアコンサルタントにサポートして貰った方が効率的です。また、DODA等の大手の信頼できる転職エージェントでしたら、ブラック企業の求人を少ないです。

興味がありましたら、下記のリンクからどうぞ。

転職のDODAで転職

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加