今の若者の給料は昔よりも上がらないのか

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

今の20代の給料は、今の40代、50代と同じように働いても、同じように給料が上がっていかない…という声を聞く事は度々あると思います。

これは本当なのか…と不安に感じながら働いている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に30代を目前している方、または30代になったのに給料があまり上がっていない方からしたら、これから給料が今の40代、50代のように上がる気がしないと実感している方もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

年功序列は本当に崩壊し始めているのか

給料が上がらないとされる理由の一つは、年功序列の崩壊が始まっているからとされています。

高度経済成長期の場合は、とにかく人手が欲しいために定年までの雇用と年功序列を会社側が労働者に提示していました。

しかし今は、IT技術の発達なども合わさって質を求めるようになってきています。

あなたの勤めている会社の中にも、仕事ができないのに高給取りな上司はいるのではないでしょうか?。

会社側もどうにかしたいと思っている事が多いですが、一度上げた給料を下げる事は予想以上に難しいです。特に大手といった歴史と信頼のある会社程にです。

そのため、今の若者に対しては年功序列よりも、能力を加味した評価で判断することで、能力に不釣り合いな役職と給料を渡さないようにしている事が多いです(能力主義を建前にして給料を下げるようしている企業も多いです)。

特に上場していない中小企業などは、社長の意向が及びやすいので、今の若者と40代、50代とでは大きな生まれる可能性は十分あります。

逆に、大手は社員が多いからこそ、抜本的に年功序列の体制を崩せないと言えます。ただ、少しずつ十数年程度かけて年功序列から能力主義に移行していくのではと思います。

ただ、年功序列によって優秀な人材が外部に流出して、経営が立ち行かなくなったりして、海外の企業に買収されたり、支援を受けたりしたら話は別です。

シャープのように、第三者の手によって無理にでも大きな体制の変化を強いられる事になると思います。

年功序列では海外と戦えなくなってきている

3afd75db9c8c9f0f1e53adcabd483071_s

年功序列と聞くと安定して給料が貰えるとプラスイメージが強いですが、一方で能力があっても能力に見合った給料を貰えませんし、自分よりも仕事ができない同僚と給料が変わらないといった不満も存在します。

また、中途半端に年功序列を崩していたり、会社の経営が悪化していることから、能力主義に移行すると言いながら若手の給料の上昇だけを抑えているような企業が増えています。

そのような状況だと、外部への人材流出が起こるのは当たり前です。また、能力があっても仕事が増えるだけで給料が増えないのだったら、わざとできない社員の振りをした方が良いと言う判断になります。

そのような状況に危機感を感じて、能力主義を徹底と労働環境の整備に力を入れ始めている企業も増えていますが、残念ながら割合としては少ないと言えます。

なお、年功序列がまだ徹底されていて、福利厚生が整っている企業も存在します。

ただ、そのような企業は…危険だと思った方が良いかもしれません。

経営が順調でしたら良いですが、悪化しているのに年功序列で給料が上がり、福利厚生が整っていると人件費によって大きな赤字を生む結果になります。

そのような状況が続くと、突然倒産したり、大手の場合は買収または外部からの支援によって労働条件が大幅に変わります。

安定していたと思ったら、突然職を失うといったリスクもあるので注意が必要です。

昔から日本にある大手だから大丈夫だろう…そう思っている企業も、最近は数年間隔で大規模なリストラが報道される事が増えています。

大手程に、経営の悪化などを隠蔽しているので簡単に分からない事も多いです。

そのため、大手だから安心して働けると思って働いていると…突然の倒産やリストラに対応できないかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加