中高年の方の再就職が上手く行かない原因

d32a4e51b868e5b45368cae875d2f6ae_s

中高年の再就職が上手く行かない理由の一つは、給料の大幅減額、または大手企業に今まで勤めていたことから、プライドが高くなってしまい、中小企業の求人を受けられない方が多いです。

40代の再就職が必ずしも、給料が大幅に下がるような結果になる訳ではありませんが、即戦力が認められ、給料以上の働きをして貰える可能性が非常に高くなければ雇われません。

戦力になるか否か分からないのでしたら、安い労働力で若い方を雇用した方が企業からしたらリスクは低いからです。

企業にとって、ベテランの採用は企業の人手不足を補うという意味合いよりも、より利益を上げる人材、または企業の体制を盤石にするためである事が多いです。

そのため、今まで勤めていた企業でしか通用しない経験やスキルしか積んでいないと思ったような再就職が出来ない可能性があります。

スポンサーリンク

失業保険の金額以下の求人に対する抵抗感

企業を会社都合退職か自己都合退職すると、失業保険を貰うことができます。貰える金額は、直近6カ月分の給料の平均月収の約50%~80%になります。

そのため、30代、40代といった給料が高い方ですと、下手な企業の給料よりも貰える可能性があります。

したがって、転職先のハードルが無意識に上がってしまう傾向があります。

前職に見劣りしない企業に勤められるのが一番良いのは確かです。ただ、もし再就職が上手く行かないのでしたら、一度客観的に勤続年数を抜きにして、今まで働いてきた事で積み上げた経験とスキルが他の企業でどれだけ活かせるのか、そしてどれぐらい価値があるのか考えてみると良いと思います。

未経験の異業種への転職は最終手段

plan-763855_640

再就職が上手く行かないからとって、前職の経験が全く活かせない異業種へ転職するのは時期尚早です。未経験の異業種への転職は最終手段と思いましょう。

何故なら、キャリアがリセットされてしまう可能性が非常に高く、それこそ高卒や大卒の初任給まで下げられるリスクがあります。

そのため、少しでも給料の減額を抑えて再就職をするのでしたら、前職の経験を活かせる仕事の求人を探すべきです。

実際に、飲食店や介護といった業界に、中高年の方が再就職する事は多いですが、離職率も非常に高いです。人手不足な業界なら簡単に就職できるという安易な気持ちで就く方が多いからです。

確かに人手不足な業界は再就職が比較的に楽ですが、一方で未経験からのスタートになるので、給料も下がるのは当然です。その上、人手不足という事は初任給が低かったり、仕事が忙しいといった人手不足の理由が存在します。

そのため、安易な気持ちで再就職した方はすぐに退職し、無駄に短期の職歴を作ってしまう事が多いです。

転職エージェントを利用する

自分の市場価値を正確に確認し、採用の可能性あのある求人を探すのに一番最適なのは転職エージェントになります。

DODAといった転職エージェントを利用すれば、キャリアコンサルタントと直接相談することもでき、客観的な視点からあなたのスキル・経験で待遇が良い求人を紹介してくれます。ただ、転職エージェントでも高望みすると求人は見つからないので注意しましょう。

本気で再就職したいならDODA

DODAは転職エージェントの中では1、2位を争う程の規模になる大手の企業になります。幅広い世代の就職支援をしてくれますし、経験豊富なキャリアコンサルタントが多いので、安心して利用する事ができます。

就職支援を受けるには、一度全国にあるDODAの事業所に足を運ぶ必要はありますが、これからのキャリアの相談、求人の紹介、応募書類の添削、面接の練習までトータルにサポートしてくれます。

優良な企業の求人も多いので、もし本気で再就職先を探しているのでしたら利用してみてはどうでしょうか?

転職サイトのDODAで転職

⇒他のオススメ転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加