懲戒解雇されても失業保険の給付を受ける事はできるのか

ff5b63884aeacf7149f0caa7fd678ab3_s

最初に結論を述べると、懲戒解雇されても失業保険の給付を受けることはできます。

ただ、給付を受け取るまでに一定の制限を受ける事になります。

分かりやすく言えば、「自己都合退職」と同じ扱いを受けることになります。自己都合退職の場合は、失業保険を貰うまでに、約3ヶ月間程の期間が必要になります。

通常の自己都合退職の場合でしたら、退職する準備をしている方が多いですが、懲戒解雇される場合は、そのような準備をしていない事が多いので、失業保険を貰うまでの生活資金が無ければ暮らしに大きな影響を与える可能性はあります。

なお、通常の会社側が社員に対して下す解雇通知による解雇の場合は、会社都合の退職となり、失業保険もすぐに受けることはできます。

ただ、懲戒解雇の場合は、あなたの問題行動が原因で解雇されるので、会社都合ではなく自己都合として扱われます。

スポンサーリンク

懲戒解雇の無効を求める事はできるのか

懲戒解雇は、退職金を貰う事ができない事が多いですし、前述したように失業保険にも制限がかかります。

そのため、どうにか懲戒解雇を無効にして貰うことはできないか…と思う方もいらっしゃると思います。

そもそも、懲戒解雇は会社の独断だけで決めることはできません。

偶に、労働法を知らない社長などが社員に対して、勢いのまま懲戒解雇だと怒鳴りつけることもあるようですが、実際は、労働基準監督署に認定して貰う必要があるので、そのような勢いのまま懲戒解雇にすることは不可能です。

ただ、労働基準監督署も常に正確な情報を手に入れて、正しい判断がされる訳ではありません。

会社側が軽微な問題行為が過大に誇張していたり、間違った情報を労働基準監督署に報告していることもあります。

そのような場合は、弁護士に相談した上で、裁判を起こして争うか決めるようにしましょう。

実際に、懲戒解雇が無効にされた判例自体は存在します。

懲戒解雇されると転職できないのか

懲戒解雇されたからといって転職ができない訳ではありません。

履歴書にも、賞罰の欄がないのでしたら、わざわざ懲戒解雇と自己申告する必要性はありません。基本的には、自己都合による退職で済ませてよいでしょう。

ただ、会社によっては会社専用の履歴書に過去の退職理由を正確に求めたり、面接時に懲戒解雇の有無などを直接、または間接的に聞かれることはあります。

その場合は、正直に答えないと、入社後に経歴詐称と判断されることもあります。

詳しくは下記の記事で述べているので興味がある方は参考にして頂ければ幸いです。

⇒懲戒解雇されたら再就職はできないのか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加