会社都合と自己都合 どちらが転職に有利な退職方法なのか

eec70b5fbd3df3e731cf9497e698f703_s

解雇通告による会社都合退職と社員が自ら退職届を提出して退職の意思を伝える自己都合退職…どちらが転職先の印象が良いのか気になる方も多いと思います。

結論から先に言えば、会社都合退職・自己都合退職共に退職することになった理由によって会社からの印象は異なります。

そのため、会社都合、自己都合といった文面のみで評価が大きく変われる事は無いと思った方がいいです。

スポンサーリンク

会社都合退職の方が有利と言われる理由

自分から退職届を出さずに、会社都合退職で辞めた方がメリットが大きいという情報は多くの方が知っていると思います。

このサイトでもリストラ 会社都合退職と自己都合退職の違いと注意点で詳しく述べていますが、簡単にここでも説明したいと思います。

まず、自己都合退職の場合は、退職金のみしか貰えない事と失業保険を貰うのに3ヶ月程の時間が必要になります。

一方で会社都合退職の場合は、会社側は1ヶ月前に介護予告をするか、1ヶ月分の解雇予告手当を支給して即日で辞めて貰うか選ぶ必要があります。また、会社側が正当な理由を持たずに解雇を強行した場合は、社員側は労働審判で争うこともできます。

そのような法定の争いを避けるために、会社側は解雇予告手当や退職金に加算をしてくれることもあるので、社員側が有利に交渉を進めやすいです(社員側に落ち度があったり、止むを得ない理由がある場合は別です)。

また、会社都合退職の場合は、自己都合退職と違って、すぐに失業保険を貰う事が可能です。

倒産・経営不振による解雇も能力不足による解雇も会社都合

f98a64f1b68b8ce5bd290bd9b0feb516_s

少し話は脱線しましたが、会社都合退職の場合でも、社員個人ではどうにもならない解雇と社員個人に原因がある場合もあります。

前者の例としては、会社の倒産・経営不振による大幅な人員削減になります。この場合でしたら、社員個人の力で解雇を避ける事は難しいので、それ程応募先の面接官からの評価は下がらないと思います。

一方で同じ会社都合でも、後者の能力不足による解雇や職場内での問題行動といった就業規則違反で解雇された場合は、面接官からの評価は著しく悪くなる可能性があります。

そのため、仮に後者の理由で解雇されても、馬鹿正直に述べるのではなく、会社との価値観が合わなかった等とある程度言葉を濁して誤魔化す事も求められます。

もちろん、それだけだと疑われるので、自分の責任も認めながら、転職先で働く上で反省材料として働く意欲を面接官に伝えるといった工夫が必要です。

退職の理由だけで採用が決まる訳ではない

会社都合・自己都合関わらずに、退職の理由は聞かれます。その答えから、あなたを採用しても会社で問題を起こしたりしないか判断する材料の一つにします。

その上で、志望動機や前職の経験などを聞いて、採用しても良いか判断する事になります。そのため、退職の理由が採用されるか否かの判断で軽視される訳ではありませんが、退職の理由だけが採用されるか否かの判断をされるわけではありません。

したがって、多少不都合な理由で会社を辞める事なったからといって、採用されなくなる訳ではありません。だったら、志望動機や経験・技術を売り込んでマイナスを払拭できるように努めましょう。

⇒オススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加