給料よりもスキルアップを優先した転職

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s

転職の本やネットの情報を見ると、目先の給料金額ではなく、スキルアップのためなら一時的な給料の減額も受け入れた方が良いと言う言葉を拝見する事が多いです。

私自身も間違ってはいないと思いますが、年齢や状況によっても異なって来ると個人的には思っています。

スポンサーリンク

20代の転職で重視するもの

skills-835748_640

20代の場合は、他業種への転職もリスクが少ないので、働きながら他にやりたい仕事ができたのでしたら、1から挑戦するのも良いと思います。

例え給料が下がったとしても、やりたくない仕事を続けていては、将来的にスキルアップして出世していく事を考えるとオススメできません。

また、将来的に思い浮かぶ目標地点までたどり着くには、転職を繰り返して経験と実績を積む必要がある方もいると思います。特に将来的に独立することなどを考えている方は、給料の金額よりも、独立時に必要とされる経験とスキル、そして人脈を優先した方が良いと言えます。

逆に、具体的にやりたい目標がないのでしたら、職を転々としたり、活かせる予定の資格取得などに時間を割くのではなく、今問題なく続けられている仕事に集中する事をオススメします。

20代の仕事は、30代以降の責任を伴う仕事の基礎作りの期間とも言えます。厳しい事を言えば、誰もが生涯を通して打ち込める仕事、心からやりたい仕事に出会える訳ではありません。余計なリスクをとるのではなく、今の企業で受け持っている仕事を通して、スキルアップして事も大切です。

その上で、より待遇がよい企業があれば転職を考えても良いと思います。

20代は失敗を恐れずに挑戦しやすい最後の時期でもありますが、一方で青い鳥症候群のように職を転々することのないようしましょう。

30代以降の転職

monitor-715799_640

30代以降になると、企業側も即戦力になる人材を求めるようになります。また、転職する側も結婚している方が多くなって来ると思うので、「給料が落ちてもスキルアップ優先」何て言ってられなくなってきます。

また、今勤めている企業よりも専門性の高い経験や、よりキャリアを積める企業でしたら、待遇も伴っているのが普通と言えます。

求人で「より専門的な仕事ができる」、「高度な技術を磨ける」などが記載されているのに待遇が伴っていないのは、企業の経営が上手く行っていないなどの問題を抱えている可能性もあります。

そのため、30代以降になったら、給料が落ちてもスキルアップをとるのではなく、給料を上げて、スキルアップも見越せる職場を選ぶようにしましょう。

もちろん、将来的に今の企業よりも待遇が良くなる事が容易に見越せるのでしたら、転職を考えても良いですが、曖昧だったら、不透明なら考え治すことをオススメします。

スキルアップの転職は目標地点を定める

給料よりもスキルを磨く事を優先する事が悪いことではりませんが、必ず目標地点を作るようにしましょう。

何度も言うように具体的に就きたい職業、やりたい仕事を明確にし、その仕事に従事するために必要な能力・実績を事前に挙げた上で、転職をして行く事をオススメします。

そうすれば、余計な転職で時間を割くこともありませんし、転職時の面接などでも転職の志望動機も説明しやすく採用されやすいです。

当たり前ですが、一番良いのは給料も待遇も上がることです。そのため、スキルアップ=役職を上げるのようにできないかも考えた上で転職のキャリアプランを考えるようにしましょう。

⇒転職・再就職にオススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加