経験者採用枠の増加で30代以降の転職成功率が増加

shops-1026420_640

年々30代、40代以降の転職成功者が増えています。メディアなどでは、中高年の転職先、再就職の難しさなどにスポットされる事が多いですが、実際の転職市場では、周知されている程に困難という訳ではないです。

もちろん、30代、40代以降の中高年の転職が簡単という訳ではありません。どちらかと言えば、年齢によって切られる事が少なくなり、逆に実力による判断がシビアになってきていると言えます。

スポンサーリンク

少子高齢化による人手不足と新卒優遇の衰退

経験者採用が増えている理由の一つとしては、少子高齢化の影響によって人手不足が加速し始めていることが挙げられます。そのため、新卒の採用が上手く行かない企業、特に内定辞退の煽りなどを受けやすい中小企業の経験者採用が増えています。

新卒採用に力を入れても、結局大手に取られてしまっては、お金と時間を無駄にするだけの結果になってしまいます。だったら、就職意欲の高い中途枠で経験者を雇った方がメリットが高いという判断する企業が増えています。

また、新卒に対する価値が下がっているのも経験者者の採用が増えている理由と言えます。昔は、新卒で雇った社員を育てて行き、定年まで働いて貰う事が一般的な考えでした。

しかし、現在は定年まで働くつもりで働く若者は大幅に減っていますし、企業側も1から新卒者を育てるコストよりも、仕事ができる人材を臨機応変に雇って行く方がパフォーマンスが高いと考えるようになっています。

そのため、実力さえあれば、年齢関係なく…とまでは行きませんが、比較的に転職しやすくはなってきています。

30代と40代の転職成功の伸び率

ea09781f4463b0227fb21969f6569a13_s

このサイトでも紹介しているDODAの転職支援サービスを受けて、転職に成功した方の約3割が35歳以上というアンケート結果が出ています。

また、40代以降の転職成功も、ここ3年間の間に4倍以上になっています。この結果を考えると、中高年の転職市場は年々大幅に広がっていると言えるでしょう。

転職が簡単になった訳ではない

一つ注意して欲しいのは、何度も言うように転職が容易になった訳ではありません。

中高年の転職成功者が増えた理由としては、能力を備えた人なら、年齢を気にせずに転職しやすくなっているのであって、誰でも転職できるようになっている訳でありません。

そのため、30代、40代になるまでに、どのように働いてきて、どのような経験・実績を積み上げてきたかが、中高年の転職、または再就職の難易度に影響を与えるのです。

年齢に見合った経験と実績を積み上げているのでしたら、不意に勤めている企業が倒産しそうになっても、素早く転職先を見つける事ができるでしょう。

逆に、年齢に見合った仕事をしておらず、企業にとってお荷物のようななっていたのでしたら、転職先を探すのは非常に難航すると思います。

そのため、日々の働き方に対しては気を配るようにしましょう

なお、現在転職を検討しているのでしたら、この記事でも紹介したDODAなどの転職エージェントと一度相談してみる事をオススメします。

自分のキャリアが客観的にどれくらいの市場価値を持っていて、どのレベルの求人に応募できるのか知ることができますよ。

転職サイトのDODAで転職

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加