定年後の再雇用による大幅な給料の減額

5f839ef15bc5545787a338acaee9a24e_l

企業は、65歳まで定年を伸ばす、定年の廃止、または60歳で定年になった社員を再雇用する義務があります。

そして、多くの企業は後者の定年後の再雇用をする形式を取っています。

理由としては、再雇用をする場合は今までの労働契約を一度打ち切って新しく労働契約することになるので、大幅に給料を減額させることができるからです。

もし、条件が折り合わなければ企業側は雇用をしなくても良いとされています。

一部の他社に流れては困る技術者は別ですが、大半の企業にとって60歳を迎えた社員は定年前の給料を払ってまで雇用したいという意欲は低いです。

一部の大手は、純粋に定年を伸ばす処置をしていますが、大半の企業は再雇用によって社員の給料を半分近くまた、それ以上に減額することもあるとされています。

スポンサーリンク

60歳で退職推奨を受ける

099815

企業にとって定年後に雇用する程の価値はない、むしろ負担と思われてしまうと、定年を迎える際に退職推奨を受ける事もあります。

それこそ、退職金に加算するといった、ある程度の条件の上積みをされて頼まれることも多い程です。

企業の多くは、65歳まで再雇用するよりも、ある程度退職金などに加算した方が負担は軽いと思う事が多いと言えます。

そのため、仮に定年が65歳まで延長されている企業でも安心しない方がいいです。65歳まで、それなりの給料を貰って働けるのは、やはり企業にとって年齢を考慮しても雇いたいと思わせるスキルを持っている必要と言えます。

自主退職に追い込む企業も存在する

企業によっては、自主退職に追い込むような企業も存在します。再雇用を期に給料を大幅に減額し、今までとは全く関係ない部署で働かせる事もあります。

仕事内容としては、年齢的に辛い仕事を押し付けるといったものから、何もする事のない仕事まで企業によって自主退職に追い込む方法は異なります…こんな部分でバリエーションが豊富でも嬉しくもありませんが。

本当に自主退職に追い込むような企業なんて存在するのかと思うかもしれませんが、実際に耐え切れなくなって65歳になる前に自主退職する方は一定数いらっしゃいます。

自分は大丈夫だろうと思っていたら、手のひらを返したような企業の扱いにショックを覚えて退職する社員の方も多いかもしれません。

使えない人材と思われないようにするには

一番良いのは、特殊なスキルや知識を持っており、代わりが務まる人材が少ないポジションにいることになります。

また、後進の教育能力が高いと企業からも価値が置かれる事が多いです。そのため、50代頃になったら、定年後の再雇用も考えて企業における自分の立ち位置を考えるようにしましょう。

もし、前述したような特殊なスキルなどがないのでしたら、周りの評価を上げるために後輩育成や同僚・上司のサポートなど積極的に実行する事をオススメします。

企業にとってメリットよりもデメリットによる負担の方が重いと判断されたら、今までの勤続年数や貢献に関わらずに容赦なく追い出される事も十分ある事を心していた方が良いです。

なお、注意点としては新しい事を学ぶ姿勢は忘れないでください。若手の教育といっても、時代に合わない仕事方法や古い慣習を教えるとむしろ評価は大幅に下がります。柔軟な思考と態度で仕事をして行く事をオススメします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加