企業からの退職勧奨を受け入れる際の注意点

842cf9147c068afce4a021ac5e1dab14_s

退職勧奨とは、企業側から社員に対して退職の受け入れを要求する事になります。この退職勧奨には強制力はなく、社員側も断る事はできます。

ただ、企業側も覚悟なく、わざわざ社員に対して退職勧奨する事はなく、一回断られて「はい、終わり」とは言えません。

持ちかけた上司側も、その上の経営陣からリストに載っている人材の退職を進めるように言われている事が多いからです。

スポンサーリンク

退職勧奨を受け入れずに働く場合

退職勧奨を受け入れないと、部門の異動や転勤といった遠回しな嫌がらせをされる可能性があります。残念ながら企業には、ある程度の裁量権が認められており断ることはできないので受け入れる意外の選択肢はありません。

ただ、この異動に付随して、明らかに合理性が欠ける、簡単に言えば嫌がらせと捉える事が出来る程に給料が減額された場合は話は別です。

企業側の裁量権の逸脱により、労働審判等に訴える事ができる案件になります。

詳しくは追い出し部屋による退職の強要に対する対策で述べていますが、もし退職勧奨をを断った事で給料の減額や、精神に異常をきたすほどのイジメや嫌がらせを受けたら、ICレコーダーなどで証拠を確保して労働基準監督署に相談したり、弁護士に相談するようにしましょう。

労働審判で勝利することができれば、弁護士費用も請求する事は可能なので、勝つ見込みがあれば挑戦するのも良いと思います。

退職勧奨を受け入れる場合

あなた自身も、既に企業に対しての愛着がなく、転職を考えていたりするのでしたら、渡りに船と受け入れてしまいそうな方もいらっしゃると思います。

また、退職する気はなくても、退職勧奨を受けてまで働きたくないと思う方もいらっしゃると思います。

しかし、仮に退職を受け入れるつもりでも、その場で簡単に了承する事はオススメしません。

企業側も出来る限り揉めずに辞めさせたと思っているはずなので、ある程度の交渉はするようにしましょう。

交渉内容とは

aaa25dd362a968aead083b327fbed22b_s

交渉内容としては、在職中の転職を目指すために、退職の時期を1~2ヶ月程度伸ばすように交渉すると良いでしょう。

退職が前提でしたら、有給も使いやすいので、転職活動もしやすいと思います。なお、有給休暇は社員の権利になるので、評価も気にしなくていいので、無理やりにでも使ってしまいましょう。

また、転職が難航する可能性があるのでしたら、会社都合退職で辞めさせるように交渉しても良いと思います。

会社都合退職と自己都合退職とでは、失業手当の支給日が変わってきます。簡単に比較すると、会社都合退職の場合は1ヶ月程度で貰う事ができますが、自己都合退職の場合は約3カ月後な上に、就職活動をしている証明も必要になり不利になります。

また、退職金が貰える方の場合は、自己都合退職ですと減額される可能性もあります。そのため、自己都合退職ではなく、出来る限り会社都合退職で辞めるようにしましょう。

したがって、企業が退職届を出すように要求してきても、会社都合退職を目指すのでしたら、決して提出しないようにしてください。退職届を書いてしまうと、自己都合で辞めたという証明になってしまう可能性があります。

それよりも、会社都合退職で辞めるのでしたら、企業から解雇通知書を貰うようにしましょう。

企業が退職勧奨で自己都合にしたがる理由

自己都合退職で辞めて貰った方が前述したように退職金が減額できる事と、国から助成金を貰える事が挙げられます。

そのため、企業にとっては会社都合退職よりも退職届を提出させて、自己都合退職にした方がメリットが大きいのです。

ただ、企業側で既に規定の人数を退職させる必要があるのでしたら、十分交渉して会社都合退職にして貰う事は可能なので、ねばり強く交渉する事をオススメします。

もし、会社都合退職で辞めたのに、離職届には自己都合退職になっているのでしたら、ハローワークで述べれば、企業に確認して貰えるので安心してください(退職届を提出していなければ大丈夫だと思います)。

退職届は撤回できるか

退職勧奨を受けて、一時の思いで退職届を出してしまい、撤回したいと思う方もいらっしゃるかもしれません。

残念ながら退職届は、一方的に企業を辞める事を表明することになるので、撤回する事は基本的にできません。

また、退職願の場合は、企業が了承の意思表示をするまで撤回する事はできます。

ただ、退職勧奨を受けて出した場合は、既に企業は退職の意思を承諾していることになる可能性が高いので、やはり撤回は難しいと思った方が良いです。

そのため、退職届、退職願を提出する際は、本当に提出していいのかしっかりと考えるようにしましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加