退職の報告は何時頃すれば良いのか

taisyoku

退職の報告を上司に何時すれば良いのか悩む方は多いと思います。一般論としては、退職する14日前に人事権のある方に退職届を提出すれば良いとされていますが、引き継ぎなどの事を考えると無責任と思われるでしょう。

なお、就業規則では約1ヶ月前に規定している企業が多いように思えます。そのため、最低限1ヶ月前、できれば余裕を持って1ヶ月半前には上司に述べるようにしましょう。

無理やり辞めるのでしたら、人事権のある方に直接退職届を出すべきですが、トラブルを起こさずに退職するのでしたら、上司に報告した後に、退職までの流れを相談する事をオススメします。

なお、この場合は退職届ではなく、退職願を提出するのようにしてください。

退職届は、一方的に企業を辞める表明になります。退職願は、企業に退職の許可を求めることになります。前者の場合は、一度提出すると撤回できませんが、後者は企業が承認するまで撤回することができます。

ブラック企業などからすぐに辞めたい場合は、退職届を提出と良いですが、一般的には退職願を出す事多いです。

スポンサーリンク

自分の立場を考えて退職の報告をすると良い

引き継ぎの時間や人材を見つける時間は、辞める方の立場によっても変わってきます。

誰にでもできる仕事でしたら、引き継ぎの時間もそれ程掛かりませんが、一方で担当の仕事や取引先が多いのでしたら、企業側は引き継ぎの準備に時間が掛かります。

また、引き継ぐのが難しい仕事を終わらせてから退職した方がマナーとしては良いと言えます。

そのため、人によっては半年前に退職の意思を伝えて、しっかりと引き継ぎと抱えている仕事を終わらせる方もいらっしゃいます。

一番優先すべきば自分の都合

もし、貴方が退職する時期を悩んでいるのでしたら、最終的には貴方自身の事情を最優先すべきです。

ここまで読んだ方ですと、「先ほどからマナーを守って企業に迷惑を掛ける事を避けるべきと言ってきたではないか」と思うかもしれませんが、それは貴方が許せる範囲で良いと思います。

企業の繋がりはどこで繋がっているか分からないでの、退職した後にトラブルが起きても面倒なので、しっかりと準備して退職して損はないです。

一方で退職する企業を優先し過ぎて、転職先の企業に入社する時期が遅れると言った迷惑を掛けるべきではありません。

退職する企業の評価を上げても、転職後の企業の評価を下げては意味がありません。

仕事に責任感があるのは大切なことですが、退職までに完璧に引き継ぎ、仕事を終わらせる事は難しい場合もあります。

その場合は、企業に丸投げしても時には良いと思います。嫌な話を言えば、代わりのいない仕事は案外少ないです。自分がやらないといけない仕事と思っていても、代わりにできる人材は意外にいます。

そのため、退職前の仕事に関して神経質にならなくても良いと思いますよ。あくまでも、あなた自身が利益を優先した上で、最低限のマナーを守りながら退職までのスケジュールを上司と組むと良いと思います。

ブラック企業から退職

退職するなら社会のマナーを守る事は大切ですが、それは企業側も最低限のマナーを守っている事が挙げられます。

違法なサービス残業による長時間労働、パワハラ・イジメ、給料の未払いといったブラック企業相手でしたら、わざわざ社会のマナーなど守る必要はありません。

1日でも早く辞めたいのでしたら、法律で定められた14日前に退職届を提出して、残りの期間は有給休暇を使って退職してしまっても良いと思います。

もし、退職届を受け取って貰えないのでしたら、証拠を残すために簡易書留で人事権のある部署に送りつけましょう。

まあ…これは、最終手段による退職方法になるので、普通の企業で実行する事はオススメしません。

また、離職票や源泉徴収票などを貰う必要があるので、それなりの手間も掛かります。その気になれば、全部郵便で済ます事もできますが、やはり面倒なトラブルの原因にもなるので注意してくださいね。

⇒転職先がブラック企業がどうか見定める大切さ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加