週休2日制と完全週休2日制の違い

w784

求人を確認すると、週休2日制と記載されているものと、完全週休2日制と記載されている物を見かけた事があると思います。

最近はこの2つの違いについて知っている方も増えてきていますが、このページでは分からない人のために、簡単に説明して行きたいと思います。

スポンサーリンク

法律で意味を定められた用語ではない

「週休2日制」と「完全週休2日制」の違いは、法律で定められている訳ではなく、あくまでも転職サイトなどが待遇の違い区切るために生まれた用語になるので注意してくださいね。

まず、週休2日制とは、1ヶ月の間に1度でも週に2日の休みがあれば週休2日制と記載できるとされています。

そのため、4週間の内に1週だけ2日休みがあり、ほかの3週間は週1日休みでも、求人上は週休2日制と記載できます。

偶に、毎週2日休みがあると勘違いして、入社してしまう方がいらっしゃるので注意しましょう。通常の転職サイトの場合は、隔週土曜日休みと記載されたりしていますが、ハローワークなどでは、週休2日制のみしか記載されていない事もあるので注意してくださいね。

一方で完全週休2日制は、言葉通り週に2日の休みが保証されている事を一般的に意味します。

企業によっては、繁忙期の時期は週休1日になる事を記載していることもあります。なお、週休2日制同様にハローワークなどの場合は、詳しい事は記載されていない事もあるので注意しましょう。

勘違いしないで欲しいのは、「完全週休2日制=土日休み 」という訳ではない事です。

1週間に2日の休みを基本的に保証しているのであって、曜日まで保証している訳ではあります。保証している場合は、完全週休2日制に加えて土日休みの記載もあるはずです。

社員にとってメリットとなる言葉は、応募を増やすために忘れる事は少ないです。逆に応募が減る理由は、企業側が記載しないこともあるので注意しましょう。

また、前述したように、法的な意味はないので、面接時に改めて休日に関して確認するようにしましょう。

※隔週休みとは、基本的に2週間に1回の休みとなります(隔週に指定された曜日のみです)。隔週土曜日でしたら、4週間の内2回出勤で、2日休みが一般的です。1ヶ月に5回曜日が回って来る場合は、企業の方針によって変わってきます。

就職後に休日を減らされ場合は承諾するしかないのか

b550

就職後に経営難から年間休日を突然減らされたという不満も偶に聞きます。

休日に関しては、就業規則に則った方法がとられるはずなので、社員を無視して簡単に変える事はできません。

ただ、企業側が休日が減らす事に合理的な理由がある場合は、一方的な変更も認めらえることがあります。また、その不利益のバランスをとる代償を取る場合も認められます。

例としては、休日を減らさないと倒産するリスクがあるといった内容になります。また代償とは、休日を減らす代わりに給料を上げると言った行為になります。

そのため、社長の思い付きで休日を減らす事はできませんが、一方である程度の理由が揃っていると社員側は従うしかないのが現状と言えます。

そのため、完全週休2日制だからといって、ずっと続くかどうかは分かりません。特に中小企業となると、景気の煽りを受けやすいので、労働体制が変わりやすいので、ある程度の覚悟は必要と言えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加