紹介予定派遣として働く場合は信頼できる派遣企業を選ぶ

0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

紹介予定派遣とは正社員の雇用を前提に、6か月間派遣として働く形態になります。派遣社員と企業が、それぞれを見定める事ができるので、ミスマッチが少なく正社員として働く事ができます。

また、6ヵ月の期間を満了したら、同じ企業で派遣として働く事は基本的にできないとされています。

そのため、正社員として雇用する気のない企業で、余計な時間を使わずに済む事ができます。

スポンサーリンク

利益最優先の派遣企業に注意する

派遣企業の利益は、登録者を派遣している企業からの賃金からの手数料になります。登録者には、手数料を引いた賃金が支払われます。

そのため、派遣企業としては、派遣社員が正社員として登用されずに、次の派遣先で働いてくれた方が得なのです。

実際に、悪質な派遣企業は、派遣先の企業が正社員登用を希望しているのに、間に入って正社員にさせないようにする事もあります。

もちろん、極一部の派遣企業だけだと思いますが注意が必要です。このような企業が多いのは、賃金が高い専門性の高い職主の派遣を請負っている傾向が強いので注意しましょう。

不合理な理由による正社員登用の拒否なら損害賠償を請求できる

前述したように、紹介予定派遣は正社員登用を前提とした契約になります。

そのため、通常の派遣では認められない、事前面接も許可されています。

雇用を前提としない派遣企業に所属する派遣社員は、派遣先の企業に雇用される訳ではないので、事前面接などは禁じられています。

紹介予定派遣は、本来の派遣契約にはない特例が認められている一方で、派遣先の企業は簡単に正社員の登用を断る事はできません。

断る場合は、派遣企業に理由を通知する必要があり、労働者は登録している派遣企業に理由を求める事ができます。もし、その理由が不合理なものでしたら、派遣先の企業に雇用の期待を裏切ったということで、損害賠償を請求できるケースもあるとされています。

なお、不合理な理由はケースによっても変わってくるので、納得いかない場合は労働基準監督署や弁護士に相談する事をオススメします。

紹介予定派遣として正社員を目指す場合の注意

9fc49a403bad4234097fc804b8c9cee0_s

紹介予定派遣として正社員を目指す事は間違った方法ではありませんが、信頼できる派遣企業を利用するようにしましょう。

ネットで評判を確認したり、派遣先の企業の面接などでは、事前に紹介予定派遣を正社員として採用している実績がどれくらいあるかといった確認もしましょう。

また、派遣先の企業に問題がある場合は、6ヵ月立つ前に派遣企業に相談して、変えて貰えるか相談するのも良いと思います。

貴重な時間を無駄にしないようにするためにも、信頼でき派遣企業に登録して、正社員を目指すようにしましょう。

⇒非正規労働者から正社員になるには

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加