男女平等の職場は女性にとって働きやすい職場のなのか

yameruriyu

女性の社会進出が進む一方で、女性の出世は男性と比べると、まだまだ難しいのが実状です。

女性差別、男尊女卑と述べる方も多いですが、一方で男性の上司などが女性社員に対する扱いに苦慮したり、男性と比べると出世を望む方が少ない傾向があるのも事実です。

スポンサーリンク

セクハラを恐れる男性上司

女性が主軸な業界を除いて、上司や管理職は男性が多いのが日本社会になります。

そして、男性の部下でしたら上司も難しい案件を無理やり任せて、厳しく指導することができます。

ただ、一方で女性の部下だと、男性側はセクハラやパワハラ、モラハラなどに注意する必要が出てきます。

男性が相手だからといって、パワハラ・モラハラ許されるわけではありませんが、男性だったら一緒に飲みに行った際にフォローしたりもできますが、女性の場合は一緒に飲みの誘いをするのもセクハラのリスクが出てきます。

そのため、上司としては男性に仕事を振った方が精神的にも楽なことから、女性にはチャンスが回ってきにくいと言えます。

また、女性の中には、出世にそれ程興味がない方も男性より多いです。

日本は出世するのが難しいといった土壌、そして専業主婦の方が働くより楽といった状況と考え方が強いことから、やはり入社の時点で出世意欲が弱い方が多いです。

そのような女性が多い職場で、出世意欲の強い女性が入社しても、なかなかチャンスは回ってこないと言えます。

完全実力主義の会社で出世を目指す

外資といった本人の能力次第で出世・待遇も変わってくる実力主義の環境なら、男性女性関係なくチャンスは多いです。

上司と協力して働くのではなく、課題などは上司から与えられても、基本的には自信の裁量で仕事を進めることができます。

ただ、この場合は結婚・出産・子育てなども一切考慮されない事になります。

女性だから…といった酌量もありません。

男性と同じ盤上で出世争いをする覚悟が必要になります。

チャンスが多い一方で、女性にとって働きやすい職場とは言えません。ただ、良くも悪くも「女性だから」といった判断されることはありません。

女性に理解のある職場

1c7e0943f1e1988a339687b7f878b571_s

女性に理解のある職場とは、産休、育休などが整っている職場になります。

このような職場は、企業の中に女性の多い部門を用意していることが多く、社員同士が産休や育休などに理解しあえる環境が整えられています。

男性と同じように働けるかと言われると違いますが、女性中心の部門の中で管理職として出世していくチャンスはあります。また、仮に産休や育休をとっても、突然職場が変わるようなことも少ないです。

そのため、女性にとっては比較的に働きやすいです。ただ、多くの部門を持つような大企業が主になるので、入社するには高い競争率を勝ち抜く必要があると覚悟した方がいいです。

女性に理解のある訪問販売

資生堂といった化粧品企業などは、決められた所要時間を自分の裁量で働くことができるので、子育てとも両立しやすく、夜も遅くなりにくいです。

訪問販売になるので、本人の売上で給料が高くも安くもなるので、企業にとっても都合が良いです。

育児休暇をとっても、席が無くなることはないので、安心して休むことができます。出世は難しいですが、訪問販売としてのスキルがあれば、十分稼ぐ事ができます。

そのため、訪問販売に意欲的な女性にとっては、非常に働きやすいと言えます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加