社内恋愛禁止の就業規則を破ると減給・解雇されるのか

社内恋愛

会社が就業規則に社内恋愛禁止の事項を記載する理由としては、「社内の秩序・風紀を乱さないため」、「上司と部下の恋愛による差別」、「職場内の士気の低下」、「破局した場合のリスク」などが挙げられます。

職場内の恋愛になると、多かれ少なかれお互いに意識してしまって、業務に支障を与える可能性も考えられます。

また、上司と部下が恋愛関係になると、上司が他の部下と差別をする可能性も考えられます。

また、上記の2点が発生がすると、当然ですが職場内の雰囲気も悪くなりますし、士気も低下します。

更に言えば、仮に破局した場合を考えると、人間関係に軋轢が発生する可能性もあります。

もちろん、社内恋愛をしているからといって、上記のようなリスクが必ずしも発生するわけではありませんが、事業主としては、余計なリスクは減らしたいのが本音と言えます。

また、仮に上司と部下が社内恋愛をしていて、仕事と恋愛を分けた上で高い評価を下しても、周りから見たら贔屓をしていると勘繰られる可能性もあります。

結果的に、秩序や風紀が乱れることになります。

スポンサーリンク

社内恋愛禁止を破った場合のリスク

結論から言えば、就業規則に社内恋愛禁止の項目を記載しても、法的根拠はないので、会社は社員を解雇したり減給する事は本来できません。

仮に解雇・減給するのでしたら、社内恋愛によって明確に会社に不利益を与えている根拠が必要になります。

具体的には、就業時間中にお喋りをしたり、客観的に明らかにおかしい人事評価をしている、または不倫をしていたため、会社に関係者が乗り込んでくるなどになります。

※不倫関係に関してはで述べているので参考にしてください。

要は、恋愛によって考えられるリスクだけでは処分をすることができず、実際に起こった後ではないと処分を下せません。

「だった堂々と恋愛して良いのか!」

と言われると、残念ながらそのような事はありません。

ここまでは、あくまでも一般論になります。

異動・転勤させられる可能性がある

辞令

社内恋愛を根拠に無理やり解雇したり、減給する事はできません。しかし、社内恋愛が原因で異動・転勤させられる可能性は十分あります。

人事の配置は、会社側に権利があるので、社内恋愛が発覚したら、片方を他の部署に異動させたり(大幅な減給を伴うような不利益は訴えを起こせる可能性があります)、転勤させても問題ありません(両方ともバラバラに異動させることもあります)。

また、会社によっては個別に面談して、自主退職を促すようなケースもあります。

特に男性の場合でしたら、今後の評価に響いて出世に影響を与える可能性もあります。

会社は社内恋愛を根拠に社員に対して不利益な扱いをすることはできなくても、普段の仕事の些細なミスなどを理由にして評価を下げたり、プロジェクトに関わらせないように根回しする事は可能です。

これら含めて不利益な扱いと言えますが、社員側が社内恋愛を理由にして会社側が自分を不利益な扱いをしていると証明する事は非常に困難です。

そのため、簡単にできない解雇などを受けない限りは、社員側は会社に対して有効な反撃はできないと思った方が良いかもしれません。

社内恋愛がバレてメリットはない

社内恋愛禁止の会社は勿論ですが、禁止されていない会社でもバレてメリットを受ける事は少ないです。

特に片方が役職を持つような上司やになると、他の部下から不信感を持たれます。

社内恋愛が禁止されていないくても、恋愛が職内の雰囲気を悪くしたり、本人達の評価を下げる原因になる事は十分あると思った方が良いです。

そのため、職場内で恋愛をする、または既にしているのでしたら、バレないように細心の注意を払う事をオススメします。

なお、信頼できる同僚なら…と思って話す人もいらっしゃいますが、出世などが絡むと社内恋愛している事をバラされることもあるので、あまり他言しない方が良いと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加