リストラされたその後の人生を考えると怖い

理想を言えば

「リストラされても他の会社に再就職すればいい」

と思えるようなキャリアや資格を持っていたり、副業で本業を超える程の収入があれば、リストラを恐れることも、会社に依存する生き方をする必要もないと言えます。

しかし、リストラを恐れて、今の会社以外で働ける気が無い現状にいると、リストラされた人生を考えると非常に怖くなってしまうと思います。

そして、この記事を読んでいるということは、

「自分がリストラの対象になりかねないのでないか」

上記のようなことを考えてしまう状況にいる人だと思います。

正直に言えば、企業は簡単に社員をリストラすることはできません。

業績が悪化しても、非正規雇用の整理をしたりして、正社員を解雇しなくても良いように企業努力したりする必要があります。

能力不足に関しても、部署の移動や十分な教育が求められます。

そのため、企業からしたら正社員の解雇は非常にハードルが高いと言えます。

しかし、一方で自主退職を迫られたりして、働き続けることが難しくなるケースは決して珍しくありません。

⇒追い出し部屋による退職の強要に対する対策

それでも、無理やり働き続ける方法もありますが、やはり心が擦り切れて行きますし、必要とされない企業で働き続けることは難しいです。

そのため、もし今の職場で働き続けることに危機感を持っているのでしたら、仮に去らざるを得なくなった場合の準備もしておく必要があります。

スポンサーリンク

他の職場に避難できないかのチェック

簡単に言えば転職の成功率、そして転職できる場合に期待できる待遇などは知って置くべきです。

自分で判断することは難しいので、転職エージェントを利用しましょう。

大手の転職エージェントに登録して面談し、自分のキャリアと年齢でどのような職場に転職できるのか教えて貰ってください。

仮に今の職場よりも待遇があるので、それだけあなたには市場価値があると思います。何らな、そのままリストラされかねない上に市場価値よりも低い待遇で働かされている職場から転職するのもよいと思います。

逆いに、待遇が下がるのでしたら、仮に今の職場を去る必要が出た際の将来設計を考えなおすとよいと思います。

その上で、資格の取得を考えたり、副業でお金を稼げないかなどを検討し始めることをオススメします。

⇒転職・再就職にオススメの転職サイト一覧

一番悪いのは、不安だけを抱えて、何も行動しない事です。

いざという時に、素早く行動できるようにするために、自分のキャリアとしての価値や、企業からの収入が絶えた際のリスク回避はして置くべきと言えます。

逆に、その準備ができていれば、企業からのパワハラだったり、無茶な要求に対しても冷静に対応することできると思います。

リストラを他人事と思わない

自分はリストラされないと誤魔化すことは止めた方が良いです。大手企業でも、トップの一部の上層部しかしらない粉飾が原因で、大赤字になり、末端の労働者を大量にリストラする結果に繋がることもあります。

そして、中小企業や零細企業になれば、よりリスクが高まります。

ただし、中小企業や零細企業場合は、大手と違って業績の悪さなどが現場にも何となくわかるので、沈む前に逃げられる可能性を上げてくれる面もあります。

そのため、危機意識を持っていれば逃げやすいと言えます。

一方で大手の場合は、現場では業績の悪さが分からなかったり、悪化していても「大丈夫だろう」と思ってしまいます。

だからそ、安心感から企業に依存しやすくなるとも言えます。

危なくなったら大手でも転職しろとは言いませんし、様子は見るべきだと思います。ただし、いざという時のために、変えの利かない人材となるように資格を取得したり、他の人よりも出世して管理する側になれる役職は得て置くべきです。

最近は、出世を望まない人も増えています。

確かに、出世しても相応の給料が貰えない上に責任だけが増えることもありますが、一方で企業にとって代わりのいない人材になれるので、いざという時にリストラの対象にならなかったり、仮に職を失っても年歴に見合った経験をしていることで、再就職もしやすいです。

一方で出世を望まず、30代、40代になっても20代と変わらない仕事ばかりしていたら、転職先が見つかっても碌な場所に転職ができない結果に繋がります。

そのため、リストラを他人後とは思わずに、そのための対策はしっかりと考えて、行動しておくようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加