フェイスブックを使っていると転職時に不利になるのか

tree-200795_640

企業は、転職者のフェイスブックやツイッターといった個人のSNSをチェックしている可能性は非常に高いです。

実際に私の勤めている企業でも、転職のSNSを調べる事を当たり前にようにしています。

おそらくですが、企業はの半数以上はある程度のチェックはしていると思います。フェイスブックは実名で登録する事が一般的なので、調べることもそれ程苦労はしません。

そのため、フェイスブックといった実名で活動する個人SNSを利用する場合は、投稿する内容に関して注意するようにしましょう。

上司や仕事の愚痴を零したら、転職時に不利になるだけではなく、今勤めている企業の社員に露見する危険性もある事を忘れないでくださいね。

スポンサーリンク

企業は転職者のフェイスブックのどのような点を見ているか

それ程臆病になる事はありません。あくまでも企業の人事は、念のために確認しているレベルになります。

ただ、面接時の人柄とフェイスブックの投稿とで印象が大きく異なったり、投稿の内容が非常に攻撃的だったり、他人を中傷するような言動があった場合は、採用を見送られる可能性は十分あります。

また、前述したように企業や上司に対する不満をフェイスブックで発信している方に対しては、やはり扱いにくい人材とマイナス評価をされる可能性があります。

内容そのものを注意深く見る事はありませんが、目に付くような内容を書いてしまうと、実は問題のある人物と決めつけられてしまう場合もあります。

他にも企業によっては、あなたのフェイスブックのデータと履歴書と職務経歴書に違いがないか確認することもあります。

面接の前職の仕事についての話と、フェイスブックで述べれられている話とは全く違う…なんて事が起こらないようにしましょう。

SNSで実名を晒すリスクに注意する

転職時の問題に限らずに、SNSで実名を晒して利用するには、メリットとデメリットが両方あります。

フェイスブックの場合は、昔の知り合いに出会えたりといった人脈の広げる手助けになりま。また、自分の情報を積極的に発信して行ける上で最適なツールと言えます。

一方で、不特定多数のの人が見ることができる事を忘れないようにしましょう。

特に仕事に関わる人…この記事で述べているように転職先の採用担当者、今勤めている企業の上司、同僚、取引先の相手etc….そのような方に見られる可能性も考えて投稿しないと、大きな不利益を被ることになるかもしれませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加