非正規労働者から正社員になるには

89003

非正規労働者は、賃金労働者の約4割とされています。定年を達した方を非正規労働者として再雇用する企業が増えている事を考えても、高い割合と言えます。

実際に年齢別で見てみると、20代の2割~3割が非正規労働者として働いています。

30代、40代となると非正規労働者の割合は減少していますが、今の20代の割合が改善されるか不透明です。

むしろ、改善されるどころか、年々非正規労働者の割合が増えている事を考えると、悪化していく事が考えられます。

ただ、非正規労働者で正社員に就けない事を嘆いていても仕方ないです。理由があって非正規労働者として働いている方もいらっしゃいますが、一方で正社員に就職できず、非正規労働者として派遣・契約社員として働いている方も多いと思います。

20代の内でしたら、それ程切迫感は無いと思いますが、30代となって来ると結婚の事や将来を考えると非正規労働者ではお金が不十分だと感じるようになってきます。

また、正社員への転職も20代でしたら、それ程難しくありませんが、30代以降となって来ると話は別です。

年齢と共に正社員の就職先は少なくなって行くので、若い内に正社員になるために本気で転職活動をすることが大切です。

スポンサーリンク

効率よく転職活動をする

転職活動をしたくても、生活費の事を考えると派遣や契約社員の仕事を優先しながら活動する必要があります。

そのため、転職活動は効率よく進めるようにしましょう。

方法の一つとしては、信頼できる転職エージェントを利用する事になります。

私のオススメとしては、DODAという転職エージェントになります。

転職エージェントDODA

549823

非正規労働者として働いてきた経験、そして転職にあたっての希望を考慮して上で、取り扱っている求人を紹介してくれます。また、求人の紹介以外にも面接の日程調整、応募書類の書き方の指導、模擬面接などバックアップしてくれます。

通常の転職サイトで、膨大な量の求人から、自分の条件を満たした求人を探すのは非常に手間です。また、職場の雰囲気は分かりませんし、求人の内容が正確かも分かりません。

一方でDODAといった信用できる転職エージェントでしたら事前にキャリアコンサルタントから職場の雰囲気を教えて貰える可能性もありますし、聞きにくい離職率や残業代についての質問も代わにしてくれると思います。

また、転職エージェントは信用が大切なってくるので、求人の内容が実際の待遇と異なったりするリスクが非常に小さいです。

ただ、一度全国にあるDODAの事業所のどれかに足を運び、面談を受けないと求人を直接紹介して貰う事はできません。

面談をしなくても、DODAの扱っている求人を見る事は出来ますが、面談なしで公開されているのは、全体の約2~3割程になります。残りは、条件に合った方だけに紹介する非公開求人になります。

そのため、本気で転職したい方はDODAの転職支援サービスを利用する事をオススメします。

転職のDODAで転職

今の状況に流され続けない

前述したように、若い時ですと非正規労働者でも生活に困る事は少ないですし、親と同居しているのでしたら、それこそ毎日不安を感じずに働けると思います。

ただ、そのような生活をしていると、あっという間に30代、そして40代が見えてきます。

ずっと非正規労働者として働きつづていると、広く浅いスキルしか身に付かないので、段々と若者に仕事を奪われ始めます。

また、年齢が上がる程に正社員から非正規労働者となる方も増えて行きます。企業側も、同じ年齢だったら非正規労働者としてずっと働いていた人よりも、社員として働いていた方を優先します。

⇒中高年派遣社員の雇い止めの増加

このように、年齢を重ねるごとに、非正規労働者の立場は悪くなって行きます。そのため、正社員になりたいと思っているのでしたら、多少無理をしても迅速に転職できるように心掛けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加