リストラされたら生活保護を貰えるのか

110765

リストラされて、失業手当も貰えなくなりそうだ…という方で生活保護を考える方もいらっしゃると思います。

メディアでは、生活保護の不正受給に関してよく報道されるので、「生活に困窮すれば簡単に貰えるのではないか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

生活保護に関しては、自治体によっても制度は異なっており、中には生活保護のハードルが低い地区に、所得が無い人が集まるような事もあります。

一方で、前述したように不正受給者に対する関心が高まっている事から、自治体も生活程の支給に慎重になっている事もあります。

そのため、一概に生活保護が貰えやすいか否かは判断しにくいと言えます。

スポンサーリンク

リストラによる失業は生活保護の条件に当てはまるか

リストラ後に再就職先が見つからず、家賃が払えない、蓄えがなくなって生活ができないと言った条件は、生活保護の条件には当てはまる事は多いです。

ただ、親や兄弟、親戚からの援助して貰えないかなどの確認から、働ける年齢なのに職に就けない理由など確認されます。

特にハローワーク等に通っていないといった就労意欲が見えない場合は、ハードルが上がる可能性はあります。

年代によっては労働よりも生活保護の方が貰えるのか

money-18554_640

年代によっては、年金を貰ったり、仕事に就くよりも生活保護の受給額の方が多く貰える可能性があります。

受給額の金額は、自治体によっても変わってきますが、確かに生活保護の方が高くなる場合もあります。そのため、下手に働いて生活保護を打ち切られるよりも、失業の状態を続ける方もいるようです…

ハローワークなどに通うといった条件を課される可能性もありますが、採用されないようにしている方もいる程です。

もちろん、不正受給者は別ですが、生活保護の受給額だけでは生活は楽になりませんが、一方で生きていくだけなら十分と言えるかもしれません。

生活保護の支払金額・条件の引き締め

bd839144101d1dbb409bc803fd36c90e_s

少子高齢化の影響で、税の予算が増える見込みは少ないです。

増えたとしても、それは増税による増額であり、予算が回されるのは高齢化対策による介護や医療面の補いが強いです。

そのため、生活保護に対して回される税は低下する可能性は高いです。また、世論の批判から、より生活保護の条件が厳しくなる可能性もあります。

そのため、働けるのに働かないといったスタンスでいると、ある日突然大幅に生活保護で貰える金額が減ったり、打ち切られる可能性もあります。

また、自治体の職員の対応も厳しくなっていると言う話も聞きます。特に若い方は、生活保護を簡単に貰えると勘違いしている事が多いらしく、働ける若い人程に警戒されます。

そのため、本当にどうしようもないと思った時に自治体の窓口に相談するようにしましょう。

また、生活保護は基本的には、身体的な障害や家庭の事情によって働けないといった止むを得ない理由を抱える方が、申請する制度になります。

失業のために生活費がないのも仕方がない一面がありますが、間違っても生活保護に甘えずに、一時凌ぎだと思って再就職の活動は続けましょう。

もし、甘えてしまうと…将来的にツケを払うことになるかもしれません。

また、不正受給していると、最終的に本当に困っている方の足を引っ張ることになるので、間違っても所得があったり、生活保護の必要がないの申請する事のないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加