30代未経験者でSEに転職する事はできるのか

code-820275_640

SEは人手不足といった広告やメディアの話を見聞きする方も多いと思いますが、実際に30代からでもSEに挑戦できるのか悩んでいる方はいらっしゃると思います。

結論から言えば、SE自体に転職する事は可能です。

ただ、SEの働き方も個人によって差もありますし、SEと関係なくても前職の経験が活かせたり、活かせなかったりします。

そして共通している事としては、多かれ少なかれのプログラミングの勉強をする必要があります。30代という時点で、20代からSEとして働いている人と大きな差があるので、転職前から勉強をすぐに始める必要があると思った方が良いです。

スポンサーリンク

30代でSEとして転職すると出世するのが難しい

定年まで現場のプログラミングをするSEもいらっしゃいますが、出世を目指す方は、30歳前後から管理職としてプロジェクトや人のマネジメントをする仕事に移行して行きます。

また、現場で働いている人もリーダーとして若手の育成や統率をしながら仕事に従事ている方が多いです。

そのため、30代で未経験者としてSEに就いた時点で場合によっては、自分よりも年下のSEの下で仕事に従事することになると覚悟しましょう。

また、SEの出世先は30代手前である程度の進路が決まっている事が多いので、上を目指していく事は難しいかもしれません。

ただ、最初に述べたようにSEの仕事は多岐に渡ります。仮に前職で営業の仕事をしていたのでしたら、営業の経験を活かして、仕事を貰ってくるSEの働き方もあります。

最低限のプログラミング技術等は必要になりますが、逆に言えば営業をできるだけの知識があれば営業寄りのSEとして働く事ができます。

また、前職で管理者として多くの部下をマネジメントしていた経験があるのでしたら、頑張り次第では、未経験からでも出世していく事は可能です。

会社にもよりますが、SEの方の中には技術者として現場の仕事に固執している方もいるので、出世競争がそれ程厳しくないこともあります。

したがって、もし未経験者としてSEに転職を考えているのでしたら、前職を活かせる働き方を取るようにしましょう。

35歳定年説は本当なのか

PG・SEは35歳が限界・定年という話を聞いた事がある人もいらっしゃると思います。これは、完全な嘘…とまでいいませんが、それ程気にする必要はないです。

35歳で定年というのは、現場の仕事に体力がついていかない事と、年齢給が実際の貢献度を上回ってしまう事から生じた話になります。

年齢給が実際の貢献度を上回ってしまうというのは、現場の仕事が35歳のSEが仕事をする上でコストパフォーマンスに合わない事を述べています。

現場の仕事は極端な話を言えば、ある程度経験があれば、誰でも従事できる仕事になります。そのため、若い人程に効率が良いので、30代以降の方には現場の仕事ではなく、管理職として責任のある仕事に従事して欲しいのが会社の本音と言えます。

ただ、30代、40代、50代でも下請け企業で現場の仕事をしている人はそれなりにいらっしゃいます。

給料はそれ程多くありませんが、定年しなければいけないと言う訳ではありません。

ただ、大手の自社開発をしているような企業では、ずっと現場の技術者として働くのは難しいと言えます。

30代未経験者からSEに転職する方法

magnifying-glass-1020141_640

大手企業に転職するのは非常に難しいですが、営業の経験があるのでしたら、営業よりのSEとして働ける可能性はあります。

また、現場の下流工程がメインの2次請、3次請、客先常駐の企業でしたら、人手が足りない事が多いので、未経験者でも積極的に採用してくれます。

ただ、給料面はそれ程高くない事が多いので、経験を積んだら転職して行く事を考える必要もあると思いましょう。

30歳からSEに挑戦するのは、それなりに覚悟が必要ですが、本気で挑戦するつもりでしたら可能です。ただ、若い方が有利なのは確かなので、もし挑戦するなら迅速に転職活動した方が良いと言えます。

⇒転職・再就職にオススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加