中高年の再就職難民からの脱却

a789201

30代後半、40代で会社から解雇・リストラされてしまうと、求人の量も少ないので、次の再就職先を見つける事が難航する可能性が高いです。

人によっては、40代から年金が貰えるまで派遣社員として働く方もいらっしゃいます。ただ、家庭を持っている方にとっては、派遣の給料だけで家庭を支えられるか不安に感じてしまう方も多いと思います。

そのため、前職の経験を活かした転職で、出来る限り給料を落とさずに正社員になりたいというのが本音だと思います。

スポンサーリンク

ハローワークや通常の転職サイトは補助と割り切る

ハローワークや通常の転職サイトで40代の中高年の方を応募している求人を探すのは難しいです。仮にハローワークなどで見つけても、空求人だったり給料が極端に低く、派遣と変わらない事が多いです。

もちろん、チャンスが全く0という訳もないので、利用すること自体は問題ではありません。

ただ、ハローワークや通常の転職サイトで、求人をひたすら探す事だけに専念する事はオススメしません。

それよりも、今まで積み上げてきた経験とスキルを欲している企業を探して貰って、効率よく転職活動する事をオススメします。

転職エージェントDODAを利用する

000215d741_s

転職エージェントDODAは業界最大手の一つになるので求人数が非常に多いです。また、40代の方でも採用を検討するような企業は、不特定多数の応募を避けるために、信頼できる転職エージェントに依頼して、条件の合う方に絞っている事が多いです。

DODAは、直接応募できる求人も扱っていますが、それは全体2~3割程で、残りの7~8割の非公開求人はDODAの就職支援サービスを受けた方だけに紹介しています。

転職支援サービスを受けるには、全国にあるDODAの事業所でキャリアコンサルタントと面談する必要があります。

面談では、今までの職歴やスキルなどが確認され、その上で希望に合った求人が紹介されます。

40代の方でも前職の経験とスキル次第では、前職と変わらない…とまでは行かなくてもハローワークや通常の転職サイトよりも待遇のよい非公開求人を紹介して貰える可能性は十分あります。

そのため、40代前後の方で、再就職先がなかなか見つからず苦戦しているのでしたら、一度DODAの転職支援サービスを受けても損はないと思いますよ。

転職のDODAで転職

中高年の再就職難民増加の原因

再就職ができない理由の一つとしては、今まで一つの企業にずっと勤めていたことで転職・再就職の方法が分からない事が挙げられます。「とりあえずハローワークに…」と考えたり、目に付いた転職サイトを利用すると、なかなか応募できる求人は見つかりません。

また求人を見ただけでは、自分の積んできた経験とスキルが評価されるか分からないので、採用されるか判断するのが難しいです。

それよりも、前述したようにDODAといった転職エージェントを利用して効率よく再就職先を探す事をオススメします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加