一度不採用になった企業へ再応募できるのか

d32a4e51b868e5b45368cae875d2f6ae_s

募集要項の欄に「過去に応募した方は応募する事ができない」と記載されていないのでしたら、エントリーして選考に応募しても問題ありません。

ただ、応募できるからといって企業側が前回の選考の結果を度外視して見てくれるかと言うと異なります。

応募を受け付けるだけ、または再応募の事は考えていないことから、求人の募集要項に再応募の禁止を載せていないだけの可能性もあります。

スポンサーリンク

再応募をする上での注意点

最低でも1年は期間を置く事をオススメします。

短期間の内に選考を受けようとしても、書類選考で落とされてしまう可能性が高いです。

ただ、1年経てば経験を積み、スキルも磨かれているかもしれないと判断される可能性は高いです。

実際に働きながらの転職で、3~4回再応募して結果的に採用された方はいらっしゃいます。

注意して欲しいのは、その方は5年前後働きながらの転職活動をしていた方で、今の職場よりも待遇が良ければ転職したいといったスタイルの方でした。

そのため、最初に落ちた時の経歴と採用された時の経歴では採用された時の方が実績やスキルの高さも異なります。

志望度の高さも評価されている可能性はありますが、おそらくスキルの向上と実績が採用の基準を超えた事が一番の理由だと言えます(それなりの大手企業だった事もありますが)。

逆に、失業中で仕事が見つからない状態が続いている事から、落ちた企業に再度応募しようと思っている方はオススメしません。

絶対に採用されないとは言えませんが、仕事をしていない空白期間が長い程に評価は下がる傾向があるので、再応募しても採用される可能性は低いです。

⇒空白期間をアルバイト・派遣で埋める選択肢

店舗ごとの採用なら再応募も問題ないかも

一度落ちた企業でも、店舗採用しているような企業だったら、違うチェーン店に応募して採用される可能性はあります。ただ、本社の面接を受けて採用された上で、店舗に配属される場合は、難しいと言えます。

そのため、選考形態によっても変わると言えます。個人的にサービス業などは店舗採用しいている傾向が強い気がします。

不採用された時の自分と今を比較する

不採用された時の自分と再応募した時の自分で何も変わっていなければ採用さえる可能性は低いです。

仕事を通して、どのような実績を残しスキルを磨く事ができたか検討した上で、その経験が転職先の企業に活かせる事なのか考えましょう。

また、前回の面接で上手く受け答えが出来なかったり、自己PRが出来なかった等の反省点があるのでしたら、同じミスを繰り返すの事のないように注意しましょう。

そして、せっかく再度同じ企業に応募するのですから、どうしても働きたいという思いを上手く伝えられるようにしておく事をオススメします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加