嫌がらせやパワハラによって自己都合退職に追い込まれる

fc0827f351a1f069a316268a7650fc19_s

企業としては、社員を辞めさせる場合は、会社都合退職として辞めさせるよりも、自己都合退職として辞めて貰った方が都合はいいです。

理由としては、退職金の支払い金額や、国からの助成金の有無などが挙げられます。

そのため、企業によっては、辞めさせたい社員に対して嫌がらせやパワハラを行い、社員側から退職届を出させようとすることもあるので注意しましょう。

また、嫌がらせなどやパワハラ等がなく、企業側から退職勧奨をしてくることもあります。もし、今働いている企業で働き続けるつもりがないのでしたら、受け入れても良いと思いますが、やはり前述したように自分から退職届を提出することのようないようにしましょう。

仮に退職勧奨を受けたのでしたら、企業側と相談して、転職先が見つけるため、退職までのある程度の期間を貰ったりといった交渉もしても良いと思います。

なお、自己都合退職と会社都合退職の違いについて知りたい方はリストラ 会社都合退職と自己都合退職の違いと注意点を参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

パワハラ・嫌がらせでの退職は会社都合退職になるのか

残念ながら基本的には、会社都合退職ではなく自己都合退職になります。前述したように企業としては自己都合退職の方が良いので、交渉は難しいと言えます。

ただ、一つの手段としては、上司の暴言等をICレコーダーなどに録音して証拠などを持っている事を示したりするのは良いかもしれません。

最近はパワハラによる裁判も増えており、企業側の警戒心も強くなっているので、明確な証拠があれば、会社都合退職+和解金等を貰える可能性もあり、かなり有利に退職できる可能性自体はあります。

また、企業に組合があるので、相談してみるのも一つの手段かもしれませんが、どこまで効果を見込めるかは不透明なので注意してくださいね。

なお、精神的に大きなダメージを受け、鬱の症状が出ているのでしたら、病院で診察して貰って診断書等を残して置くのも良いと思います。

会社を辞めるなら開き直るのも大切

どのみち辞める企業なんだから、開きなって粘るのが良いと思います。前述したように、企業側が違法スレスレの行為で退職を迫っているのでしたら、労基に相談したりや労働審判等を利用する事も辞さない態度(証拠付きで)をとれば、企業側もメリットとデメリットを考えて、ある程度の交渉を受け入れてくれると思います。もちろん、実際に訴えたりするかどうか置いておいても企業としては簡単に無視できない要件にもなるので、試してみても良いと思います、

裁判になったら勝てるのか

追い出し部屋による退職の強要に対する対策で詳しく説明していますが、裁判の場合は労働審判と呼ばれる短期間で結果ができる方法を取る事が多いです。

そのため、弁護士と相談して勝てる見込みがあるのでしたら訴えるのも一つの手段になります。ただ、非常にストレスも溜まりますし、数か月ほどで判決がでるとはいっても時間が結構とられるのは同じです。

そのため、20代頃の方でしたら、さっさと見切りを付けて転職先を見つけた方が結果的には良いかもしれません。

⇒不当解雇の訴えは企業と労働者のどちらが有利か

体や心を壊すされる前に逃げるのも一つの手段

徹底抗戦するのも一つの手段ですが、多少の不利益を被っても、さっさと退職して逃げるのも一つの手段です。

会社都合退職のメリットといっても、20代、30代の方でしたら失業手当が1ヶ月程で支給される程度です。そのため、さっさと転職できれば、それ程損はありません。

ただ、50代以降の方で、転職先が見つからない、または退職金が大きく減額される等の不利益を被るのでしたら、弁護士に相談して裁判を検討すると良いと思います。

企業は、社員を簡単には辞めさせることはできないので、無理に辞めさせようとすると、法に触れやすいです。その証拠をしっかりと確保できれば、裁判も有利に進みますし、解雇を無効にさせ、企業で働き続ける事も可能です(働きにくいかもしれませんが)。

なお、企業は一人を裁判で辞めさせようとすると、約2000万円の損失を出す可能性がある上に、負けると結局社員を辞めさせることもできない可能性もあります。そのため、ある程度の和解金を出しても裁判を避けたいのが本音だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加