大手の大企業でもリストラされない保証はない

59

多くの方が安定を求めて大手の大企業の就職・転職を目指します。大手の大企業を目指す事自体は問題はありませんし、安定と給料を求めるなら間違った選択ではありません。

ただ、大手の大企業を目指すのでしたら、周りの同僚達よりも良い実績を出していく必要があります。大企業という事は、社員の数も多いため、上司に目を掛けて貰うにもなかなか難しいです。

気に入られなくても問題なく働いて行けると思っている方も多いですが、30代、40代になった時に唐突退職勧奨を受ける可能性もあります。

スポンサーリンク

倒産はしなくてもリストラや解雇は存在する

一方的にリストラや解雇をすることはありませんが、希望退職を募ったり、退職勧奨する事はあります。仮に希望退職の面談時にリストに載っている対象者が退職勧奨を受諾しないと、裁量権を逸脱しない範囲で異動させたりすることもあります。また、大きな不祥事が生じたり、円安・円高といった影響の煽りを受けて急激に経営状態が悪化したら、正式な手段で解雇させられる可能性もあります。

⇒日本は解雇・リストラされにくいのか

大手の企業は実績を残しにくい

大手の大企業となると、前述したように社員数も多く、職種別に細分化されている事も多いので、実績を残しにくい職種に配属されると同じ仕事のルーティングワークで過ぎて行く事もあります。

そして、ルーチングワークの仕事に従事する程に、企業の経営状態が悪化した際に解雇・リストラの対象者にされやすいです。

また、数字で判断できる実績や経験がないと、転職・再就職先を探す場合も苦戦します。

大手の看板があったとしても、分かりやすい実績があるか否かで大きな違いがあります。特に40代、50代で再就職を目指すとなると、雇用する側の企業は即戦力を求めることになるので、実力となる裏付けを欲しがります。

そのため、40代、50代で自分は退職・リストラなんてされないと思っている方程、実際に職を失った時にどうにもならなくなる可能性がある事を覚悟した方が良いですよ。

⇒バブル世代の40代はポスト争いの勝敗が将来を決める

実績や経験を積みやすい中小企業で働くのも一つの手段

中小企業で働く事をオススメするわけではありませんが、実績や経験を積みやすいのは中小企業になります。

理由としては、中小企業の場合は余計な人材を雇う余裕がないですし、一人の社員に複数の職種を兼務して貰うことも多いからです。また、良くも悪くも責任のある仕事が任される時期が早い点です。休日や福利厚生は整っている場合もありますが、それでも大企業と比べると給料は低い水準になりがちです。

ただ、経験と実績を積んだら、よりキャリアアップできる企業に転職をして行く上では、大企業よりも有利と言えるかもしれません。

前述した、即戦力として裏付けられる実績なども出しやすいとは言いませんが、チャンスは多いです。そのため、企業の経営状態が悪くなった際も、解雇やリストラ、倒産等をを心配せずに他の企業に転職できる実力を磨きやすい環境ではあると思います。

社会人として働いていく期間は長い

最近は年金が貰える年齢が上昇している事から、社会人として働き続ける年齢も上がっています。

一方では、企業としては費用対効果の悪い高齢者の方の定年を伸ばすよりも、若くて人件費が掛からない方を採用したいというのが本音です。

そのため、長期的に安定して働ける企業で定年まで働きたいのでしたら、結局は若い時期に退職させられないような経験を積み、実績を積む事が一番と言えます。

20代の内でしたら、いくら失敗しても取り返しのつかない事はないので、やりたい仕事に積極的に挑み結果を出すように働く事をオススメします。

一方で30代、40代となると簡単に新しいことに挑戦する事は難しいですが、今の仕事の延長線長でスキルアップできる資格を等を取得して、仮に企業が倒産したり、リストラされても潰しが利くスキルを少しでも覚えて置く事をオススメします。

自分は絶対にリストラ・解雇されないと思っていたり、勤めている企業が倒産する訳ないと思っていると、将来的に大きな代償を払う事になるかもしれませんよ。

⇒給料よりもスキルアップを優先した転職

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加