日本人がブラック企業に依存する理由

108907

日本人がブラック企業に依存しやすい理由としては、高校・大学を卒業した時に即戦力となれるスキルを持っている方が少ない事が挙げられます。

新卒の一括採用の最大のメリットは、仕事に通用するスキルがなくても、未経験者採用枠として1から企業に教育して貰える事が挙げられます。

他国の場合は、大学で学ぶ中で就く仕事に合わせた専門のスキルを身に付ける方が多いですし、企業側もある利益に繋がる成果を早い段階で出してくれる事を期待しています。

そのため、新卒有利という概念は少ないです。

これだけ聞くと日本の方が親切に見えますが、一方で日本の新卒者は企業に1から仕事を教えて貰う立場になります。

実際に、新卒者一人を教育する費用は異常に高く、実際にプラスに転じるのは長いと数年掛かると言われています。

ただ、企業側にも大きなメリットは存在します。それは、新卒者が簡単に仕事を辞めれない事です。

日本は、新卒の一括採用が就職する上での最大のチャンスとなります。新卒というアドバンテージを逃すと、経験なしの既卒者となります。また、間違ってブラック企業に勤めてしまい、短期で辞めてしまうと、仕事ができない短期退職者となります。

既卒・短期退職者が応募できる求人は、未経験者を募集している求人になりますが、当たり前ですが新卒有利の採用活動なので、なかなか採用が決まらない可能性があります。

最近は、既卒・第二新卒をターゲットにして採用活動をしている企業も増えていますが、やはり新卒一括採用をしている企業が圧倒的に多いです。

そのため、仮にブラック企業に学生が入社しても、キャリア積まずに退職してしまうと、再就職できないのではという不安が生じるのです。

また、学生時代に仕事のためにスキルを身に付ける方が少ないことから、ブラック企業なのか否か客観的に判断する能力が低い事も挙げられます。

また、ブラック企業ではなくても、新卒者に対しては、教える立場から企業が有利になるので、拒否不可能な転勤命令などを容赦なくできます。人が少ない部署に人事異動をしやすいことも挙げられます。

海外ですと、既に専門とする仕事が決まっている事が多いので、簡単には部署異動できない事が多い事を考えると、企業にとっては大きなメリット言えます。

スポンサーリンク

新卒者の3人に1人が3年以内に退職

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

企業に対する依存度は高いのは変わりませんが、それでも最近は若者を中心に合わないと感じた企業だったら短期間で退職する方も増えてきています。

この傾向に合わせて、新卒の採用をするにはコストや手間から実行できない中小企業を中心に既卒・第二新卒を積極的に採用する事も増えてきています。

日本の大学では、企業の勤める前に企業の内情を知ることは非常に難しいです。説明会でも、企業の良い面しか見せないので、多く学生が仕事に対して過大な理想を持ってしまいます。まあ…私の知っている一部の企業は、自分達の企業がブラックと呼ばれる部類であると明言した上で採用活動をする潔い企業もありまが極一部だと思います(笑)

そのため、新卒の就職活動が失敗しても、短期間で他の企業に転職できるチャンスが広がるのは良いと個人的には思っています。

ただ、新卒の転職よりも難しくなりますし、大企業の求人は少ないので、やはり迂闊に新卒で入社した企業を辞めるリスクは高いのが現状と言えます。

ブラック企業に長期的に働き危険性

体を壊す、鬱になるといった症状を引き起こす危険性は当然ですが、一番の危険性は忙しくて何も考えられなくなることです。

ブラック企業は、長時間労働・休日の少なさから転職活動をする時間がない、または転職を考える程の余裕がなくなってしまう事があります。

そして、完璧にブラック企業に染まってしまうと逃げ出すのは困難になります…というよりもブラックな環境が当たり前と思い込み転職の選択肢を失ってしまいます。そうなると、体を壊すか、鬱になるまでブラックである事を気づけなくなります。

日本の企業の体質、そしてブラック企業の性質が、チームワークを重視する日本人を簡単に退職させない理由と言えるかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加