年収が下がる転職は止めるべきか

5f839ef15bc5545787a338acaee9a24e_l

転職を考える上で、生活水準に影響を及ぼす年収の上下に関して気になるのは当たり前と言えます。

特に家族を養っている方の場合は、自分だけではなく家族の生活にも影響を与えるため、独身の方よりも慎重になると思います。

仮に、転職する覚悟を決めることができても、年収が下がる場合は伴侶からストップを掛けられる事もあります(嫁ブロックで転職できない)。

では、年収が下がる転職は止めるべきなのかと言われると、そのような事は決してありません。

スポンサーリンク

5年・10年後を見据えて働き続ける

今勤めている企業に将来性がない、または今勤めている企業で働いていても年齢に見合った能力・キャリアを積んで行けないと感じているのでしたら、十分転職を検討するに値します。

若い時期の給料は、同世代よりも高い水準の給料を貰う事ができても、それ以降はほとんど変化しない企業も存在します。

逆に、初任給は平均並みでも、能力を上げ、キャリアを積み上げて行けば年収が上がって行く、または他の待遇の良い企業に転職しやすい仕事ができる企業も存在します。

後者の場合は、仮に企業が倒産したりしても、年収を落とさずに、他の企業に転職しやすいといったメリットもあります。

来月の給料金額に拘って、5年・10年後の給料や企業の将来性、そして何よりも自身の能力を考えないと、結果的に転職しなかった事を後悔する事になるかもしれませんよ。

20代はお金よりも経験を重視すべきか

20代の間は、お金よりも経験を重視すべきと言われることもありますが、私自身もこの考えについては賛成です。

どんな失敗も許されるとは言いませんが、莫大な借金を抱えるような復活しにくい失敗でなければ、いくらでも挽回が利くのが20代になります。

そのため20代の内は、自分のやりたい仕事や多くの経験を踏める職場で働き、将来の糧とする事をオススメします。

30代以降は、そのような失敗や小さい成功の数々を基盤に、責任の伴う仕事を成功に導くことで、キャリアを上げて年収を上げていく事ができます。

ただ、勘違いしないで欲しいのは、お金よりも経験を重視するというのは、あなたにとってプラスになると確信のある経験であって、他者から押し付けられる経験ではありません。

偶にブラック企業が、給料や休日といった待遇の低さを、「経験重視」といった言葉で誤魔化す事があります。

あくまでも、貴方の将来の糧となる経験であって、企業にとっての都合がよい「だけ」の経験ではないので間違いないようにしましょう。

30代以降の年収を下げる転職

ebb75edc21f2c03ad09a40cde7fceebb_s

30代以降となってくると、一つの企業でキャリアを積み上げて待遇を上げて行く段階になります。

そのため、転職する場合も、キャリアを下げずに、自分の経験を十分活かせる職場で働ける事を前提とするべきと言えます。

したがって、年収が下がる職場に安易に転職する事自体はオススメしません。

ただ、今の企業が危険であったり、出世するためのポストが今の企業にはない場合は、一時的に年収が下がっても、将来的に役職の空きを勝ち取れる可能性が高い企業に転職する事は一つの選択肢だと思います。

最近は、企業の人件費削減による役職の減少と高齢化の影響で、能力があっても正当に評価されず、簡単に出世できない事が増えています。だったら、自分の力に高い評価を下してくれる企業に行くのも良いと思います。

ただ、転職でリスクのない事は一切ありません。転職先で思っていたよりも能力を発揮できなかったりする場合もありますし、出世できない事もあります。

そのため、家族がいるのでしたら、必ず理解を求める事は必須になります。勝手に転職断行して、仕事と家庭両方にストレスを抱えることのないようにしてください。

⇒キャリアを上げたり・やりたい仕事に挑戦したいと思っている方にオススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加