1回の無断遅刻・無断欠勤で解雇されるのか

321797

まず結論を述べれば、1回の無断遅刻・無断欠勤で解雇される事はありません。された場合も不当解雇で訴訟を起こせば、勝てる可能性が非常に高いです。

会社は、社員側に責任があったとしても、ルールを作り、そして客観的に見て合理的と思える処罰を与える必要があります。

仮に、1回遅刻しただけで解雇させる事は明らかに度を越えた判断とされる事が一般的です。

スポンサーリンク

就業規則が絶対という訳ではない

前述したルールとは、会社の規則である就業規則になります。通常の就業規則では、懲戒処分の対象として無断による遅刻や欠勤も含まれていると思います。

ただ、仮に無断の遅刻や欠勤が懲戒解雇の要件に入っていても、最初に述べたように、「違反=即時解雇」する事はできません。

懲戒解雇は、懲戒処分の中でも重い処罰になるので、企業もある程度のステップを踏まないと解雇権乱用として不当解雇にあたります。

ただ、無断遅刻や無断欠勤を繰り返し、何度も厳重注意を受けたり、減給といった処分を受けているのでしたら、懲戒解雇されても、不当解雇として争う事は難しいと言えます。

実際に訴える覚悟があるかどうかが大切

企業側が無知で、たった一回の遅刻・欠勤で解雇だと述べる方もいらっしゃいますが、一方で本来は解雇できない事を知っていて解雇処分にすることもあります。

社員にとっても、自分の落ち度で解雇されると知っていいますし、解雇宣告がされた企業と争ってまで働こうとする方は少数になってきます。特に独身の方の場合は、家庭といった守るものがないので、例え不当解雇でも受け入れてしまう方はいらっしゃいます。

そのため、企業側も、例え不当解雇だと知っていても、社員側の弱み、そして訴訟をしてまで争う可能性は低いだろうと考えた上で解雇を言い渡す事もあります。

なお、懲戒解雇の場合ですと労働基準監督署に申請する必要が出てくるので、基本的には会社都合、または自主退職を促す事の方が多いかもしれません。

自主退職するとリストラ 会社都合退職と自己都合退職の違いと注意点でも述べていますが、社員側に不利益になりやすいので注意しましょう。もしかしたら、懲戒解雇にすると脅してくる可能性もありますが、何度も言うように1回の無断遅刻・欠勤で懲戒解雇する事は基本的にはできません。

最後は自分で働き続けるか決める

正直言って無理やり解雇させようとする企業で働き続けても、将来性があるかと言われると…微妙な所です。そのため、交渉して有利な条件を引き出して退職するのも一つの手段です。

企業からの退職勧奨を受け入れる際の注意点でも述べていますが、企業側がどうしても解雇させようとするのでしたら、不当解雇である事を述べた上で、条件次第では解雇を受け入れると言えば、多少有利に辞めやすいです。

例を挙げると、退職するまでの期間を延ばして貰って転職する時間を貰う。即時解雇の場合でしたら、解雇予告手当を貰うなどが挙げられます。

もし、一切受け入れなられないのでしたら、一度労働基準監督署などに相談しても良いかもしれません。

多少の手間を掛ける覚悟があるのでしたら、弁護士に相談して、勝てる見込みがあるのでしたら、労働審判を起こしても良いかもしれません。

ただ、最後はどこまで企業を戦うかは本人次第となってきます。

そして、最後に言っておきますが、無断遅刻や無断欠勤自体は、あなたに落ち度があるのは確かなので忘れないようにしましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加