面接時に残業代が支払われるか質問して良いのか

残業

ブラック企業の対策として、求人票に固定残業代(見なし残業代)の有無を記載する事を求める声が最近は少しずつ増えてきています。

実際に私も、一度求人票の募集要項に載っている月給に固定残業だが含まれているのを知らずに入社して後悔した経験があります。

正直言って入社して給料明細を見た時に、基本給に固定残業代含まれているのを知って騙されたと思いましたね…

スポンサーリンク

ブラック企業に多い手段

人手不足の企業や、ブラック企業は、求人に基本給のみを載せて残業代については触れない事があります。

基本給に固定残業が含まれているので、一見すると初任給が高く感じる事もありますが、実際は基本給18万円+固定残業代3万円といったことあります。

逆に大手の企業となると、基本給の金額と共に、特記事項として残業は別途支給される事が明記されています。また、良心的かどうかは分かりませんが、固定残業代を含めた金額と注意書きをしてくれる企業もあります。

そのため、給与の項目に基本給以外記載されていないのでしたら、残業代が基本給に含まれている可能性を頭に入れた方が良いです。

面接時に残業代について聞いて良いのか

733327059337db7ef9110bfae47e8c1a_s

新卒・転職時の面接に関わらずに、残業代について質問をするのは、面接官の評価を下げるのではと思う方もいらっしゃると思います。

個人的には、後悔する前に聞いてしまう事をオススメします。ただ、質問する際は突然聞くのではなく、他の質問と織り交ぜながらするようにしましょう。待遇だけを気にしていると思われないようにしてください。

なお、最初の面接時でしたら、それ程役職の高い面接官が担当する事も少ないです。現場に近い社員程に転職時の悩みを抱える社員の事を配慮してくれるので、残業代の質問程度で評価を下げる事はありません。

まあ…質問をして、基本給に実は固定残業代が含まれている事が判明したら、微妙な空気が流れそうですが(笑)

そのため、もし基本給に固定残業代が含まれていても、採用して貰えるのなら働いても良いと思っているのなら、質問をしなくても良いと思います。

また、人手不足だったり、ブラック企業だったら、固定残業代が含まれている事がバレても、それだけで不採用にすることはないと思います。

個人的には、入社するのはオススメしませんが…

そもそも、残業時間をタイムカードで把握して、全額支給するのでしたら、応募者を増やすために求人に記載している事がほとんどです。

もし、載せていないのでしたら、何度も言うように注意が必要です。仮に面接を受けるのでしたら、残業代が基本給に含まれているケースも考えて質問しましょう。

固定残業代のリスク

108907

基本給+残業代を期待していたのに、固定残業代が基本給に含まれていると、基本給のみになるので、就職後の生活に大きな影響を与えます。

また、固定残業代を支払っている企業によっては、固定残業代を超えた残業代を支払わない悪質な企業も多いです。

固定残業代を払っているのだから、オーバーした残業分は払わなくても良いと勘違いしている、またはバレないだろうと思っている中小企業の社長は結構います。

見なし残業時間以上に残業を請求するのなら、しっかりとタイムカードのコピーを取ったり、業務日報による日々の勤務時間の記入といった面倒な証拠を確保した上で、企業に固定残業代を超えた分を請求する必要があります。

⇒サービス残業代を企業に支払わせたい

考えただけで面倒だと思います。退職する時に請求するのでしたら良いですが、このリスクと手間を考えて、わざわざ入社したいと思う方はいないと思います。

また、固定残業代を支払う企業全てとは言いませんが、社員に違法な長時間の労働を課すことが多いの注意してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加