休憩時間中の電話・来客の対応は勤務時間か

workstation-405768_640

企業に勤める方の多くの休憩時間は約1時間程度だと思います。ただ、慣習的に休憩時間の間も電話があったり、来客きたら対応する…と定着している事はないでしょうか?

特に社員が一斉に休憩に入る場合は、電話番が決まっている事もあるようです。

ただ、企業は休憩時間中に関しては、社員に対して指揮命令権を持っていません。そのため、休憩時間中に電話や来客の対応をする指示する場合は、休憩時間ではなく、労働と見做されます。

それこそ、社員側は賃金を企業に請求することもできます。

また、仮に企業が自主的に電話番や来客の対応を休憩中にしていても、経営者側が黙認しているのでしたら、別途休憩時間を与える必要があります。

※企業が休憩時間中も電話番や来客対応を指示する場合は、仮に電話や来客がなくても、手待ち時間は労働時間と見做されるとされています。

そのため、もし休憩時間なのに電話や来客の対応を義務付けられている、または暗黙の了解とされているのでしたら、賃金が発生する事を使用者側に述べることをオススメします。

なお、電話や来客といった対応ではないですが、休憩時間の終わり数分前には自分のデスクで仕事を再開する準備などを義務づけられることも、労働時間に見做されます。

スポンサーリンク

労働時間と休憩時間の関係性

time-371226_640

労働時間が6時間を超える場合は、使用者は最低でも45分間は休憩時間を与える必要があります。労働時間が8時間以上の場合は、1時間以上の休憩を労働の合間に与える事が義務付けられています。

偶に、慣習的に休憩時間を減らしているような企業も見かけますが、労働基準法からみると法律違反になります。

そのため、もし休憩時間が満足に貰えないのでしたら、労働基準監督署などに相談する事をオススメします。また、削られている休憩時間分の賃金も請求する事を検討すると良いと思います。

改善する手間を掛けるか転職を考えるか諦めるか

ここまで述べた事はあくまでも、一般論としての側面が強いです。

実際に休憩時間中に電話をとったり、来客の対応をしているからといって、賃金を求めたり、改善を求めたりできるかと言われると、躊躇う方の方が多いと思います。

もし、経営者に改善を要望するのでしたら、他の社員と直訴しないと、企業内での印象が悪くなる可能性もあります。なによりも、数分で終わる対応だったら…と思う方も多いと思います。

ただ、どうしても改善したいと思うのでしたら、行動するしかありません。または、そのような企業は見限って、転職するという選択をとるのも一つの手段だと思います。

実際に中小企業の小さき規模の企業となると、休憩時間急の労働など気にしてもいない経営者などは多いです。実際に訴えるような方も少ないのが問題とも言えますが…

そのため、最終的にはどこまで妥協でき、妥協できないかだと思います。

ただ、休憩時間中の電話番や来客の対応は、法律上は労働に分類されるので、賃金を請求する事はできますし、別途休憩時間を貰う事はできるとされています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加