東京オリンピックは雇用を増やし失業率を減らしてくれるのか

853f6a1a08c56e72204c38b92ef8d298_s

東京オリンピックの開催による雇用の増加は、開催が決定した段階で大きな期待になっています。

雇用が増加する理由としては、やはり外国人が観光客が外貨を落としてくれる事と、オリンピックによって技術サービスの発注増加、観光・警備の縦横増加などが挙げられます。

そのため、東京オリンピックによって雇用が得に増加する業種としては

・卸売、小売業

・飲食業界

・IT業界

・観光業界

・不動産、建設業界

・製造業

・宿泊業界

・サービス業

上記のような業種の雇用が増えると想定できます。

特にIT業界や建設業界などは、オリンピックの年に向けてサービス・建物を提供する必要があるので、人材のニーズは増えています。雇用が増えているというよりも、人が足りなくなっている状況と言っても良いかもしれません。

また、オリンピックに向けて付近の不動産取引が活発する事を見越して、不動産業界への転職も増えています。

スポンサーリンク

オリンピックによる雇用の増加と失業率の低下は一時的か

オリンピックのためのインフラ整備や海外観光客の増加による重要の増加は一時的な雇用であって、失業率を減らす訳ではないと考得る方も多いです。

確かに、オリンピック開催前と開催後では雇用の増減は変わって来ると思います。ただ、上記に挙げたような業種はもともと、人手不足の傾向があります。

どちらかと言えば、オリンピックによって、景気が良くなる事を見越して、労働者が人手不足になりがちな業種にも就職・転職してくれる期待があります。

また、オリンピックによって依頼される仕事に人手が明らかに足りない状況になれば、普段では大卒以上しかとらない企業でも、高卒を採用したり、長い期間の空白期間があるような社員も採用する可能性は増えます。

そのため、経歴のため働きたくても働けないために失業率を押し上げている人達の雇用が増える可能性があります。

また、前述したようにオリンピックの需要を見越して、転職市場も徐々に活気づいています。そのため、自分の興味にある仕事に転職するなら、オリンピック前が好機と言えるかもしれません。

オリンピックに後は景気が下がるのか

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

オリンピックが開催されている時と比べれば急激に下がるのは当たり前と言えます。ただ、オリンピックが開催される前と比べて著しく下がるかといわれると、現状では分からと言えます。

オリンピックを機に日本に訪れる観光客は継続的に増える可能性は十分あり得ます。

おそらく、オリンピック前(開催期間中ではないですよ)より減る事は無いと思うので、観光業や宿泊業界、飲食業界などは、頑張り次第では売上を高い水準で維持できる可能性はあると言えます。

そのため、オリンピックが終わったのと同時に企業の経営が苦しくなるのか、それとも成長を維持できるような企業か、しっかりと就職・転職する際に判断する事が大切になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加