希望退職者募集とは肩たたき解雇と一緒

hand-65688_640

定期的にニュースで取り上げられることも多い、大手企業による希望退職者募集になりますが、言葉だけみれば残りたい人は働き続ける事ができると思えますが、残念ながらそのような甘いものではありません。

企業側は、希望退職者募集をする前に、コンサルタント会社と相談した上で、退職させる目標人数を目指しています。

事前に退職に追い込む社員をリストアップして置き、辞めて欲しい社員には繰り返し人事面談を行い自分から退職するように追い込んで行くのです。

簡単に言えば希望退職という名の肩たたき解雇(強迫)に近いです。

スポンサーリンク

希望退職者募集・整理解雇が始める前に危険を察知する

正社員の希望退職を募る、または整理解雇が行われる場合に予兆があります。一つは非正規雇用者の雇い止めになります。

希望退職者を募る上でも、要件が厳しい整理解雇でも、解雇を避けるための努力が求められます。

その一環が非正規雇用者の雇い止めになります。非正規雇用の解雇にもハードルがありますが、期間満了の雇い止めでしたら、基本的に問題はありません。

企業が積極的に非正規雇用の派遣やペートを切り始めたら、その後希望退職者募集をする可能性もあります。もし、経営が悪化しているようで、不穏な予兆があるのでしたら、覚悟しておいた方がいいです。

転職するか企業に無理にでも働き続けるか考える

転職を考えるのでしたら、時間を稼ぎながら希望退職者募集に名を挙げても良いでしょう。

希望退職者を募る場合は、企業は退職金の上乗せといった事をするので、通常時に自主退職するよりも都合は良いです。

また、転職先に入社するまでの空白期間を存在させないように、退職までの期間を交渉する事も比較的に容易な場合もあります。

企業に残り続ける場合

前述したように企業の退職者リストに載っていないのでしたら、人事面談も1回程度で終わるはずです。

企業にとって必要な人材でしたら、退職すると言っても逆に説得される可能性もあります。

逆に、リストに載っているのでしたら前述したように人事面談を何度も実施され、コンサルティング会社側が作ったようなマニュアル通りの退職を進める言葉を言ってきます。

例を挙げれると、「この企業に君の仕事はない」、「今自主退職した方が退職金の上乗せもあるよ」、「他の企業で経験を活かしたらどうだ」、「このまま勤めていても給料は大幅に下がるよ」などなどです。

なかには、脅迫によるパワハラともとれる発言をする事もあります。人事側も退職させるノルマを課されている事があるので、手段を問わない事もあります。無意味な研修で精神的に追い込んだり、追い出し部屋に異動させる事もあります。

⇒追い出し部屋による退職の強要に対する対策

もし過度な退職勧奨を受けているのでしたら、事前にICレコーダーなどを用意して録音して置く事をオススメします。

企業側にとって一番嫌なのは、労働審判などで訴えられる事です。

そのため、身を守る手段はとっておきましょう。

整理解雇されたら結局意味がないのでは

経営悪化に伴い整理解雇に着手する企業も当然ありますが、一方で整理解雇の場合は企業にとって条件が厳しい点があります。

まず、解雇を回避するために、前述した非正規雇用者の雇い止めから、賞与の見直し、役員報酬の見直しなどが挙げられます。

そして、従業員に対する説明、及び「解雇対象者の人選が適正に行われているか」になります。

仮に、前述したようなパワハラのような脅迫を迫って自主退職に追い込まれた事が証明されると、解雇対象者の人選の適正を疑われることになります。

それこそ、企業にとっては解雇させたい人間を解雇させられない状況になると言えます。逆に言えば、絶対に働き続けるつもりなのでしたら、自主退職の強要に関しての証拠はとっておきましょう。

※この記事の内容は、ネットの情報などを元にした私の個人的な意見になるので、確実性を保証するものではないので注意してください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加