年収が低くて結婚できない男性の増加

kekkon

男性の未婚率は、年々増加しています。20代前半の結婚に関しては、昔からそれ程変わらずに未婚率約90%台になります。

一方で25歳~29歳の未婚率は、1950年は約35%程だったのに対して、2010年には約70%と倍近く増える結果になっています。

更に30~35歳の1950年の未婚率は約8%だったのに対して、2010年では約50%となっています。

そして、結婚できない男性が増えているという事は、女性の未婚率も同じように上がっている事になります。実際に、女性の未婚率も男性同様の上がり方をしています。

スポンサーリンク

未婚率が上がっている理由

出会いがない、ライフスタイルの多様化など理由は様々ですが、根本的ない理由の一つとしては、若者の年収が下がっている事が挙げられます。

今の50代、60代の時と比べると、若者の年収の上がり方は非常に穏やかになっています。同じ会社でも、現在の20代の社員が将来的に、今の40代後半の、50代前半の社員と同じ給料の水準になる事は少ないと言われています。

理由としては、高度経済成長、そしてバブル時といった売り手市場から買い手事情に移り変わった事が原因と挙げられます。また、年功序列が少しずつ崩れていることから、年齢による昇給が下がっている事が挙げられます。

実際に男性30代前半の平均年収の推移を見てみると、1997年の平均年収は589万円に対して2013年の平均年収は499万円となっています。ここ数年は、数万円の上下はあっても、ほぼ横ばいとなっています。

そして、あくまでも30代前半の年収である事を考えると、40代となってくると、より年収の下がり方は鮮明となると言えます。

出会いの場は減った事による男性のステータス重視

偶にニュースで年収が低くても「愛」があれば…と述べる方もいらっしゃいます。

間違いではないですが、一方で女性は恋愛と結婚は別と述べる方も多いです。愛情を優先する方もいらっしゃいますが、愛情があっても将来の不安を考慮して別れる方も多いです。最近は出会いの場も減っているので、婚活などをしている方も増えていますが、そのような場になると、年収というステータスは付いて回ります。

ゆっくりつ関係を積み上げたのでしたら、年収よりも愛情が優先される可能性はありますが、一方で出会いを求める場においては男性のステータスから見られる事の方が多いと言えます。

自信を持てない男性の増加

年収が低い事で家庭を支える自身の男性も増えています。不況の影響もあって、見切り発車で結婚を考える男性も大幅に減少し、自分の年収と結婚後の生活を考える男性が多いのです。

また、ライフスタイルの多様化も合わさって、家庭と仕事の両立によって趣味の時間が大幅に減少する事を考えて、結婚を躊躇う男性も増えています。

また、女性が男性に求める平均年収にも問題があります。あるアンケートでは、女性の20代、30代共に1位は年収500万円となっています。

20代で年収500万円を達している男性は極わずかです。30代になって、ようやく平均年収が500万円となります。

ただ、この平気年収500万円も高年収と低年収の方全て含めた平均年収年収になります。

そこで30代男性の平均年収の中央値(年収トップ層と最下層の間)を見てみると、約450万円程のようです。

300万円~500万円未満の割合は、全体の約6割になります。年収500万円~600万円が約1.5割程になります。

平気年収800万円~1000万円未満が1割以下、1000千万円以上が0.1割となります。

40代となると、多少改しますが、それでも年収500万円未満は4割弱いらっしゃいます。

この点を考えると、女性の理想を知って結婚に消極的になる男性が増えても仕方がないかもしれません…

特に今は、昔と違ってネットがあるので、自分の年収が結婚に適しているか等が判断できてしまうのも原因かもしれませんね。

年収500万円を達成するには

880031

男性が年収500万円を達成するのでしたら、転職なども検討して働いて行く事が求められます。

前述したように、若者の年収の上がり幅は穏やかになっていますし、出世しても責任と仕事量が増えるだけ、むしろ役職手当のせいで残業代が減ることで年収が下がる事もあります。

そのようね企業に勤めていても年収を上げる事はできません。起業などをするのも一つの手段ですが、リスクは高いです。それだったら、単純に年収が上がる企業に転職する以外の選択肢はありません。

ただ、年収の増え方などを事前に知ることは難しいです。

そのため、転職エージェントなどを利用して、実力が年収にしっかりと反映されるような企業を紹介して貰うと良いと思います。

プロのキャリアコンサルタント等に相談するだけでも、転職失敗のリスクを大きく下げる事は出来ると思いますよ。

転職のDODAで転職

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加