会社の携帯電話を私用で使うとバレるのか

5693f5e05b0b1f320c3057b9cf105a6e_s

※前半では会社の携帯電話を私用するケース、後半では私用の携帯電話を仕事利用するケースについて述べて行きたいと思います。

会社が支給される携帯電話を使用で使う…当たり前のように使用している人も少なからずいらっしゃると思いますが、会社から見逃されているだけの状況である可能性が非常に高いと思った方が良いです。

携帯の通話記録に関しては、会社が携帯電話の通話明細を取り寄せる、またはPCのサイトから電話番号ごとの利用料金を確認することができます(携帯会社によって通話明細にどこまで記載されるかは変わる可能性があるかもしれませんが)。

そのため、仕事とは関係ない事で通話のために携帯電話を利用していると、携帯料金を管理している部門に目を付けられて上司に報告される可能性はあります。

スポンサーリンク

会社の携帯電話を私用でも使っているがバレていない状況とは

そもそも、会社の経理といった部門が通話明細などをしっかりと確認していなかったり、ある程度の範囲は黙認しているケースが多いです。

仕事関係よりも通話しているのなら話は別ですが、数回程度の通話に対して個々の社員を追及するのは会社側にとっても手間になりますし、しっかりと仕事をしているなら多少の私用ぐらいなら許す方針を取っている会社も多いです。

逆に言えば、基準が曖昧なケースが多いですし、個々の成績によっても対応が変わることもあります。

営業で売上を上げている社員と、上げられない社員とでも変わる可能性があるということです。

一方で、厳重に監視している会社もあり、少しでも会社とは関係ない通話があれば、厳重注意するケースもあります。

この辺りのさじ加減は先輩に聞いてみたり、働きながら見極めるなどをするとよいと思います。

ただ、会社とは関係のない事で会社負担の出費が発生しているので、携帯電話の私用単独で解雇されることはなくても、厳重注意されたり、私用で使った分の返還などを求められるリスクは一応知って置くと良いと思います。

私用の携帯電話を仕事で利用する場合は会社に費用を請求できるか

少し話は変わりますが、会社の携帯電話を私用で使うのではなく、私用の携帯電話を会社の業務で利用した場合は、どうなるのかについても述べたいと思います。

まず結論を最初に述べると、会社の業務のために私用の携帯電話を使っている場合は、会社に業務で通話した料金は請求することができます。

ただ、個人で通話記録と時間を毎回調べて請求するのは非常に手間なので、現実的な方法とは呼べません。

そのため、会社側に社員から働きかけて業務用の携帯電話の支給をして貰うか、携帯電話代の手当を支給して貰うと言った交渉をするべきと言えます。

仕事をするために自分の給料が減らさせる必要はないので、同じ不満を持っている社員と一緒に訴えれば変わる可能性は十分あります。

自己負担で払っている人がほとんど

会社から携帯電話が支給されずに私用の携帯電話を業務にも使っているいる人の半数以上は、自己負担のケースが多いです。

理由としては、やはり手間が掛かる点と言えます。

営業といった外回りの仕事が中心でしたら携帯電話は必需品と言えるので、そもそも会社から支給されないといった方が少ないです。

そのため、会社が支給される程のないやり取り…1カ月に指で数える程度の業務用の通話でしたら、請求せずに自腹では払った方が良いと判断する人が多いと言えます。

そのため、最終的には請求するための手間と請求によって取り戻せるお金を天秤にかけて個々で判断するべきと言えるかもしれません。

ただ、無視できない金額になっているのでしたら、泣き寝入りせずに請求するべきと言えます。

また、携帯電話の支給がされていない事を理由に、自分から電話する機会を減らすように立ち回ることを考えても良いと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加