経理職に就くには日商簿記検定は必要か

d82fe9dbb6e956b7fc8a12b6ece3eba3_s

経理職は、潰しが利く職業になるので事務職の中でも特に人気の高い職種になります。そのため、経理職の求人には応募が殺到しやすい傾向があります。

スポンサーリンク

経理職になる前に日商簿記検定を取得するべきか

経理職を目指すなら日商簿記検定3級、できれば2級を取得した方がよいのかと悩む方はいらっしゃると思います。

資格取得必要性に関しては、その人の状況と応募する企業によっても変わって来ると言えます。

事務職として、どこに配属されるか分からない(人事・総務・庶務など)、または事務総合職として事務全般する場合は、それ程日商簿記の有無は求められないと思います。

理由としては、経理以外の仕事もあるので、他の仕事と兼任しながら、少しずつ経理の簡単な仕事をしていく事ができるからです。

要は、資格がなくても出来る仕事からスタートできるからです。もちろん、事務総合などでも資格を求めたり、持っていた方が有利なこともありますが、事務の経験などがあればそれ程不利になることないと思います。

一方で、経理専門の求人の場合は話は別です。応募条件でも日商簿記検定3級、2級を設定していることが多いです。

経理職といってもそれ程複雑な帳簿が求められない職場だったり、経理補助としての側面が強い場合は日商簿記検定3級、または資格なくても他の事務の経験などがあれば就ける可能性は十分あります。

一方で、会社の会計処理を担う中心人物となっていく方を採用するのでしたら、日商簿記検定2級の資格は最低限求められると思った方がいいです。

なお、日商簿記検定2級を必須条件にしていなくても、資格手当に設定している企業もあるので事前に取得して損はないと思いますよ。

一番大切なのは実務経験

b702cbb1b3db3453bad2dbf3b11ec005_s

日商簿記検定よりも優先されるのは、実務経験の有無になります。正直に言えば、資格の条件よりも経理職の実務経験○年や、決算の処理経験などを応募条件にしている企業の方が多いです。

そして、日商簿記検定2級を持っていても、企業としては資格取得者よりも実務経験がある方を優先することが多いです。

そのため、新卒時に経理等の職種に就けなかった場合は、経理職に就くのが非常に難しいのです。しかも、競争率も非常に高いので簡単には転職できないと思った方がいいです。

ただ、未経験者でもやる気次第では雇ってくれる企業はあるので、資格を積極的に取得してアピールする事は無駄ではありません。

むしろ、実務経験者と戦うなら最低限資格を持っている必要があると言えるかもしれません。

経理の仕事はIT技術によって失われるのは本当か

IT技術が発展しても、絶対に経理の仕事は無くならない…とまで言えませんが、完全に無くなる可能性は非常に低いです。

必ず人の手で帳簿の最終確認をしますし、処理の設定などもできる人材なども必要なので、最低限の経理職の席は存在します。また、数字から不正がないかどうかも判断するのは人の手になります。

ただ、技術は日月進歩しているので、今よりも経理の職員が少なくても済むようにはなって行くと思うので、必ずしも安泰という訳ではないと思います。

そのため、経理職として働くのでしたら、他の経理職よりも少しでも能力を高めて代わりが見つかり難い人材になるように心掛けるようにしてください。

日商簿記検定1級は取得しなくてよいのか

ここまで話に触れませんでしたが、日商簿記検定2級があるのですから、1級も存在します。ただ、日商簿記検定2級と1級には非常に大きな差があります。どれ程かと言うと、1級と2級を比べると、3級と2級に差なんて一切ないように思えるレベルです。

日商簿記検定1級は、どちらかと言えば公認会計士や税理士を目指すか考えている人が、自分の適正を判断するために受ける資格だと思った方がいいです。

もし、日商簿記検定1級が簡単だと感じるのでしたら、自己責任なりますが、会計士を目指してみるのも良いかもしれません。もちろん、生半可な覚悟では絶対に受からないので注意してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加