管理職になっても定年まで安泰ではない

358df645614f91c7c55dcea7138f660c_s

順調に出世していくと、35歳~40歳程で部下を持てる課長職クラスの管理職に就く事はできます。課長職となると企業内でも、それなりの位置に立つことになりますし、給料も役職手当などから結構上がります。

ただ、課長クラスの管理職は定年まで安泰かと問われれば否です。

課長職クラスのポストは多くありませんが、少なくありません。そして、課長として部下を従えて働けるのは、一般的に期限があります。

期限と言うのは、課長以上の役職である部長、そして役員になれる人材か否かの判断される期間とも言えます。

この期限の間に結果を出せないと、閑職に異動させられて出世の道を閉ざされてしまいます。

なぜ期限があるかと言うえば、答えは簡単で、新しい世代のポストを用意する必要があるからです。何時までも見極める期間を長引かせれると、次の世代を出世させることができません。

そのため、管理職になったらといって定年まで順調に働いて行ける訳ではありません。むしろ責任ある立場として、部下を使いながら結果を出していく必要があります。

なお、課長になる前に結果が出せなかったり、ポストの空きがないと部下がない管理職扱いとされる事もあります。そして、そのまま閑職の部門長となることもあるそうです…

スポンサーリンク

出世できなかった場合のリスク回避

部下がいない、または少ない閑職としての管理部門になったのでしたら、後輩の育成をしながら、実益の伴う仕事を積極的にして行く事をオススメします。

定年の延長また再雇用を考えると、出世の道を外れた管理職の社員は、大幅な給料減額をされる事、または退職推奨される可能性が高いです。

そのようなリスクを少しでも回避するために、後輩社員の教育・サポートなどから、マネジメントだけではなく実益をだせる力を維持しましょう。

マネジメント能力と実益が伴うスキルがあれば、転職でも活かす事ができます。もし、出世の道が閉ざされて退職推奨等を受ける事がありましたら、転職や再就職の難易度も下がると思いますよ。

閑職は楽なのか

出世街道から外れて閑職に異動したからといって仕事が楽かどうかは、職場によって異なります。

出世と関係なくても事業所ごとのノルマがあったり、実務的な仕事が多い事もあります。

また、出世街道から外れた事による自己嫌悪やストレスに落ち込む日々が続く方も多いです。

一方で、ある程度の時間が経つと出世街道のストレスの開放を実感し始める方もいらっしゃいます(笑)

評価を意識してとれなかった有給休暇の取得や残業なしの帰宅など出世街道から外れたかこその待遇を楽しむのも良いかもしれません。

ただ、定年後の再雇用などの問題もあるので、あまり浮かれ過ぎるのも問題かもしれませんが…

成長の著しい業界の企業

成熟しきった歴史のある大手の企業ですと決められた枠内でのポストを争って出世競争しますが、まだ起業して間もない企業や成長の著しい業界でしたら、新しい部門もでき、役職のポストも新しくできる可能性があります。

そのため、ポストが埋まっているからといって一概に出世を諦める必要はないかもしれません。

勤めている企業の成長なども考えた上で働きかたを決めるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加