介護はブラックな業界なのか

f97913

人手不足が常態化している事から、仕事がない中高年の方が再就職先として考える事が多い介護業界ですすが、一方でブラックな業界とも言われています。

そして、残念ながらブラック企業が多いのは事実だと個人的には思っています。

理由としては、少子高齢化の影響により、参入して来る事業者が多いのに比例して、介護業界で稼ぐ事を甘く考えていたり、利益を追求するために度を越したコストカットをする事業者も多い事が挙げられます。

そもそも、介護施設や訪問介護の売上は、ほぼ国が支払われる介護報酬になります。そのため、他の業界と比べて儲けを出すのは難しいです。それでも、無理に利益を出そうとすると、コストを下げる必要がでてきます。したがって、人件費等を無理に削って、自分の利益を確保するようなブラック企業が出てくることになります。

もちろん、そのような企業ばかりではありませんが、ニュースで介護職員の待遇の低さなどが取り上げられる事から、介護業界全体がブラックだと思われがちと言えます。

まあ…給料に関しては業界全体から見ても低いですし、介護施設などは365日の運営になるので、休みも少ない事を考えると、業界から見るとブラック寄りなのは事実かもしれません。

スポンサーリンク

中高年が中途採用で入社する前に知っておくべき事

l255

介護業界の初任給は高卒、専門卒の方を対象にしているので、他業種から転職してキャリアがリセットされると、基本的には初任給からのスタートになると思った方が良いです。

そのため、給料は大幅に下がる事を覚悟する必要があります。

そして、仕事も「介護」という他の仕事との経験を活かしにくい仕事になります。入浴介助やトイレ介助といった汚い仕事も多いので、精神的にも肉体的にも慣れるまで辛いです。

したがって、仕事と給料が割りに合わないと言って辞める方は多いです。

介護職員の給料が低い理由

介護施設や訪問介護の事業所などは、国からの介護報酬が売上の大部分になります。

そのため、国の政策次第で売上が上下する事になります。給料をベースアップさせて、その翌年にでも介護報酬が下げられたら、企業は大きな損失を出してしまいます。

また、一度あげた給料を下げるのは難しいですし、人材の流出にも繋がります。そのため、介護業界は簡単に介護職員の待遇を改善できない状態が続いています。また、国も施設を増やすのに力を入れているだけで、介護職員の待遇改善に対しては予算の面も考えて消極的です。

このような企業と国のお金の問題が、介護職員の給料が低い理由の一つです。

また、利益主義のブラック企業の経営者が利益を独占している事も上げられるかもしれません。この点に関しては、もっとまとな経営をしている施設に入社すれば介護職員自身で改善することもできます。

そして、最後の一つは長期的に働ける介護職員が少ない事が挙げられます。

介護職員の多くは、女性のため寿退職や出産を期に一度辞めてキャリアをリセットしてしまう方が多いですし、再就職してもパートとして働く方が多いです。また前述したように、30代や40代で転職して来る方多い業界でもあります。

そのため、10代や20代で就職して、30代後半、40代まで一度も辞めずに働く方は少数になります。

介護施設の給料も勤続年数によって上がりますし、経験を積めば出世する事はできます。

ただ、その両方を兼ね備えた介護職員は少ないです。

施設長も雇われで、勤続年数が短い方や、一度キャリアをリセットした方が就く事も多いので給料はそれ程高くありません。

ただ、若い頃からずっと介護業界で働いている方で、施設長として働いている人は、年収600万円前後稼ぐ方もいらっしゃいます。もちろん、高年収とは言えませんが、真面目に働き続ければサラリーマンの平均年収は目指せると言えます。

ただ、中途として入社すると…そこまで目指すのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加