サラリーマンが介護離職にならないように注意して置く事

530cf35e98f6709237513c99107e24d3_s

日本は少子高齢化の影響によって、介護が必要な高齢者と、介護をする側の若者のバランスが大きく崩れ始めています。また、最近は結婚しない若者が増えていることから、親の介護を一人で抱え込む方も増えています。

そのため、日本全体で親の介護のために今勤めている仕事を辞める「介護離職」をする若者が大きな社会問題となっています。

スポンサーリンク

介護離職の増加率

男性 女性 合計
2009年10月
~2010年9月
 2.09万人 7.77万人 9.86万人
 2010年10月
~2011年9月
1.84万人 6.59万人 8.42万人
 2011年10月
~2012年9月
1.99万人 8.12万人 10.11万人

(出典:総務省「就業構造基本調査(2012年)」)

目に見えて介護離職者数が増えている訳ではありませんが、減ってもいない事が分かると思います。また、団塊の世代が全員75歳以上になるのは、2025年になるので、その歳の前後あたりから大幅に介護離職者も増えるのではとされています。

女性の方が多い理由としては、結婚している場合は、収入が低い女性側が仕事を辞めて介護に従事する事が多いからです。ただ、独身者の場合は男性・女性関わらず介護離職せざるを得ない場合もあります。
働きながら介護をする方もいらっしゃいますが、認知症の方の場合は一人で勝手に徘徊をするリスクがありますし、訪問介護も時間制限があります。デイサービスなどを利用する手段もありますが、夕方頃までしか預かって貰えないので正社員として働きながらでは難しいと言えます。

介護休業

介護休業は、家族一人に対して最大93日間休む事ができる休暇になります。ただ、一度要介護になってしまうと回復する事は滅多にありません。特に認知症は悪化する事を抑える事はできても、改善はほぼ無理だと思った方がよいとされています。
そのため、独身者や他の兄弟のサポートが期待できない場合は、結局会社を辞めざるを得なくなります。唯一の解決策としては、介護施設に入居させるという選択になります。

介護施設の入居に掛かる費用と日数

一番安く入居させる事ができるのは、特別養護老人ホームと言われる国が運営している施設になります。世帯の収入によって減額して貰うこともでき、お金に余裕がない場合は年金で支払えるように考慮して貰う事も出来ます。

ただ、特別養護老人ホームは地域にもよりますが、非常に待機者数が多いです。地方だとそれ程待機者はいませんが、都市部程に需要が高く100人近く待機者がいる場合もあります。
なお、要介護度が高い程に優先的に入居できるので、要介護4~5でしたら半年~1年程度で都市部でも入居できる事はあります。ただ、要介護1~2程度だと5年以上掛かることもあります…

そのため、自分が住んでいる都市部は諦めて、地方に預けてしまう方もいるようです。

一方で有料老人ホームの費用はピンキリになります。非常に高額な有料老人ホームもあれば、特別養護老人ホームの待機者が入居できるような、費用が抑えられている施設もあります。ただ、後者の方が人気が高いですし、受け入れ可能な方も制限している事が多いです。そのため、介護休業期間に施設が見つかるか運の部分もあると言えます。

親の介護の準備をしていく

親の介護が何時必要になるかは分かりません。突然の脳梗塞で障害を持つ方もいらっしゃいます。そのため、現在親が介護を必要としていなくても、介護の準備は最低限して置く事をオススメします。

在宅介護をするのか、介護施設に入居して貰うのか…在宅の場合は誰にサポートして貰うか等考えておきましょう。
また、介護施設に入居して貰う場合は、近隣にすぐ入居させる事ができる施設があるのか、その費用も調べて置くと良いでしょう。

スムーズに行動できれば、仕事にしわ寄せを与える量も減りますし、辞めずに済む可能性も高くなります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加