地方移住を希望すれば仕事を紹介して貰えるのか

90bc47ab4b326427ac812053ad5eaa89_s

最近は若者の地方移住、正確に言えば人口が減っている田舎への移住者が増えています。理由としては、時間に追われ、人が多い都会よりも、田舎で自然に囲まれながら暮らしたい…と思う若者が増えているみたいです。

ただ、地方の田舎に引っ越しをしても仕事なければ生活する事はできません。

この記事を見ている方の中には、田舎暮らしに憧れていても、収入面を考えれば「無理では…」と思っている方もいらっしゃると思います。

スポンサーリンク

田舎に引っ越した方の仕事とは

地方の田舎に引っ越す若者で多いのが、場所を選ばない仕事ができる人達です。ウェブサイトのデザイン作成といったパソコンとネット設備が整っていればできる仕事なら、引っ越しをしても、今まで通り働くことができます。

他にも、今までの仕事の経験を活かして、田舎のニーズを探って開業する方達もいらっしゃいます。

そのようなスキルが無い場合だと、事前に引っ越し先に働き口があるかどうか調べることが大切です。

なお、土木工事といった力仕事は、若者の人口が減っている事から求人が多い傾向があるようです。

他にも、農作業の手伝い(パート)といった仕事もあるので、複数の仕事を掛け持ちすれば生活できる可能性はありますが…長期的に過ごす事を見ると手に職を持てるスキルを身に付けてから引っ越す事をオススメします。

自治体の移住企画に参加する

最近は、若者を呼び込むために、積極的に移住を考えている人達が参加できる企画をホームページなどで発信しています。

企画内容としては、市町村が一定期間の間安い賃金で貸借アパート・マンションを移住希望者に提供して住んで貰うといったものが多いです。

仕事なども、企画の期間中(1年~3年程が多い)用意してくれる事もあります。

正社員として雇用して貰う事は難しいですが、田舎暮らしがどのようなものか実感して見るのでしたら、若い内に一度体験してみても良いかもしれません。

なお、このような企画に参加している方の中には、ネットのブログで情報を発信している方もいるので、移住に興味を持っているのでしたら、そのようなブログを探して閲覧してみてはどうでしょうか。

探せば仕事はある

人口が少ないと言う事は、需要も少ないので仕事の求人は少ないですが、それでも全くない事は少ないです。

特に技術者…前述した土木や建業、そして電気の設備系などば人手が足りない事が多いので重宝されやすいです。

また、田舎なら介護や保育の人手も足りないかもしれません(需要と供給が釣り合っている事もあるので絶対ではありません)。

市町村が積極的に、移住者の受け入れをしている場合は、サポートも整っている事があるので、興味があるのでしたら探してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加