不倫が会社にバレたら解雇されるのか

4b6b38634bc2d22ec14af153c17ea6d0_s

不倫は配偶者に対する不法行為にあたり、当事者の信用を失墜させる非難させる行為になります。

ただ、不倫も恋愛の延長線上になるので、原則上は私生活上の個々の問題になるので、必ずしも会社側が介入して解雇や左遷といった処分が出来る訳ではないです。

会社内で明らかに、既婚者が社内の女性、または男性と不倫関係にあるのに、会社が処分を下さないのは、会社側が放置している訳ではなく、処分するには会社に対して具体的な支障を与えているか明確にして追及できないケースの方が多いです(それでも大半の会社は放置せずに自主退職に追い込んだり、左遷させますが)。

では、「不倫がバレでも解雇されないのか?」といったら、そのような訳でもありません。

該当者社員が社内で不倫していようが、外部の人と不倫していようが、企業の秩序を明白に乱して、会社の正常な仕事環境を阻害した場合は処分対象になります。

また、モラルの高い特定の業種の場合は、不倫しているだけで処分ができるケースもあります。

モラルの高い業務としては、警察、教師といった社会的信用で成り立っている仕事が挙げられます。

スポンサーリンク

不倫によって処分されないケース・処分されるケース

321797

不倫による懲戒解雇に関しては、認められた判例と認められない判例の二つがあります。

ここで判例を羅列しても分かりにくいと思うので、簡単に説明して行きたいと思います。

まず、不倫関係でも懲戒解雇されにくいケースとしては、休憩時間に一緒に食事をしたり、職場内で一緒に仕事する事が多い程度の接触になります。

明らかに不倫していると分かっていても、勤務時間中に明確に支障を与えている訳ではありません。周りの空気を悪くしていても、「具体的」な問題は発生していないからです。

もちろん、勤務時間中に二人で仕事外の事をしているケースなどがあるのでしたら、話は別ですが…この場合は不倫しているか否かに関わらず処分対処と言えます。

処分されるケースとしては、前述したようにモラルの高い業務に就いている人、不倫関係によって会社の勤務が疎かになっていたり支障を与えている、そして不倫によるトラブルが会社内に持ち込まれたケースになります。

不倫関係のトラブルが社内に持ち込まれるケース

099815

不倫は不倫している二人の間だけで収まるものではありません。どちらかの、伴侶や親類などが社内に怒鳴り込んできたリ、最悪のケースとしては刀傷沙汰になるケースもあります。

また、不倫が原因で裁判に発展した場合も、会社の信用に大きな影響を与えます。

このような二人だけの不倫関係から、会社の信用を失墜させたり、第三者が会社に乱入してくるといった会社の運営を妨げるトラブルに発展した場合は、会社側としては正当に懲戒解雇できる可能性が高くなります。

会社は懲戒解雇よりも自主退職を勧める事が多い

当たり前ですが、不倫をしている社員を放置したい会社は存在しません。ただ、簡単に懲戒解雇することもできません。

そのため、社内恋愛なら部署を変更させたり、両方を左遷して別れさせることもあります。

また、社外からのトラブルが持ち込まれそうになったら、自主退職するように追い込むこともあります。

不倫をしている大半の人は、不倫が会社や社内の職員にバレながら働ける程に太いメンタルをしている訳ではないので、自主退職で懲戒解雇を避けられるなら自分から辞める、または左遷などを受けいれる事が多いです。

また、判例では確かに不倫による懲戒解雇を不服として争う人は多いと思いますが、実際に争う覚悟がある人は非常に少ないです。

正直言って自分の落ち度である不倫で争うというのは、精神的にかなり辛いです。

偶に社内で開き直ってバレても良いように不倫をする人もいらっしゃいますが、何処かで大きなツケが跳ね返って来る可能性が非常に高いと言えます。

もし、今バレずに不倫をしているのでしたら、基本的には会社にバレたら出世は諦める必要がありますし、最悪解雇に追い込まれるリスクも覚悟した方がい良いと言えます。

⇒懲戒解雇されたら再就職はできないのか

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加