フリーターとして働ける年齢

0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

フリーターとして働ける年齢と聞くと、30代頃をボーダーラインとする方が多いと思います。このボーダーラインの基準としては、フリーターとして社会的にギリギリ認められる年齢とも言えます。

個人的な意見としては、目的があってフリーターとして働くのでしたら、問題はないと思っています(夢だけ見て行動が伴っていない方や引き際を知らない方は別です)。

ただ、一方で世間的には、30代以降でフリーターですと肩身が狭い思いをする事の方が多いのではと思います。

スポンサーリンク

30代を過ぎると未経験者に応募し辛くなる

民間企業・公務員共に、未経験者として応募できるボーダーラインも20代後半がギリギリとなり、30代以降となると募集が一気に減ります。

知り合いに27、28歳の方でフリーターからプログラマーやSEになった方はいらっしゃいますが、30代となると無理ではありませんが、それなりに厳しい目で見られます。

また、フリーターとして30際までどのように働き生活して来たのか、評価されるように答えるのも難しいと言えます。

未経験の募集ですと、20代の若い方との競争になるので、必然的に企業は若い人を優先的に採用しようとします。

それを覆すだけのアピールをする必要が出てくるのです。

求人を選ばなければ何とでもなる

極論を言えば、フリーターとして働き続ける事は、40代以降でも可能です。体力が落ちても、飲食店や介護といった人手不足の求人を選べば働く事はできまると思います。

また、社員になるのも、人手不足の業界でしたら、年齢が関係ないとは言いませんが、何となる可能性はあります。

ただ、正社員になったとしても、定年までの勤続年数が短くなるので、給料自体は20代から社員として働いている方と比べると大幅に下がるといった大きなデメリットがあります。

年功序列が崩れ始めているといっても、やはり勤続年数による昇給は給料に大きなさを生じさせます。

フリーターとして働き続ける年齢を考える

genjitsu_touhi

フリーターとして働き続ける年齢は自分で決める以外はありません。

何か夢を追っていて、フリーターに身を置いているのでしたら、区切りを付ける年齢を決めるようにしましょう。

夢を追った時間自体は無駄になる事はなく、本気で取り組んでいたのでしたら、面接等でも評価されます。何せその熱意が、これから仕事に向かうのですから。

一方で、危険なのは何となく社員として働きたくないと思っている方です。この場合ですと、面接時にも説得力のある事が言えません。

そのため、もし何となくフリーターとして今働いているのでしたら、すぐにでも社員になるために行動を始めましょう。

社員を目指すのでしたら、年齢が若い程に有利なります。

フリーターから正社員になる難易度

非常に難しいというイメージが強いですが、本気で正社員になりたいのでしたら、簡単ではありませんが極端に難しい訳でありません。

厚生労働省の調査では、例えフリーター期間が3年を超えても、男性の6割、女性の4割がフリーターから正社員に就けているデーターも存在します(少し前のデータになりますが)。

もちろん、選ぶ業界・職種によっても難易度は変わってきますが、高望みさえしなければ十分正社員になる事は出来ると言えます。

ただ、この図には年齢は載せられていませんが、おそらく20代の学卒者を対象にしていると思うので注意してくださいね。

⇒非正規労働者から正社員になるには

⇒オススメ転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加