転職・再就職にハローワークを利用するべきか

a02

転職を考えている方、事情があって会社を退職せざるを得なくなり再就職を考えている方…ハローワークを利用して就職を検討している方の事情は様々だと思います。

失業手当を貰う場合には、一度ハローワークに行って手続きをする必要がある事からも、ハローワークを利用して就職しようと思う方は多いと思います。

ただ個人的には、ハローワークの利用を積極的にはオススメしません。

もちろん、ハローワークの利用を否定する気はありませんが、転職・再就職のメインの媒体として利用する事は止めた方が良いと思います。

それよりも、あなたの経験・年齢に合った転職サイトをメインの媒体として利用しながら、補助としてハローワークを利用する事をオススメします。

スポンサーリンク

ハローワークをオススメしない理由

ハローワークをオススメしない理由としては以下になります。

・手続きに時間が掛かる

・選考に時間が掛かる

・ブラック企業が多い

手続きに時間が掛かる

ハローワークの求人自体はネットでも調べる事が出来ますが、転職サイトと違ってネットを通して応募する事ができません(もしかしたら今は変わっているかもしれませんが)。

ハローワークの求人に応募するためには、一度ハローワークの事業所に足を運んでハローワークの紹介状を貰った上で応募する必要があります。

そのため、付近にハローワークの事業所が無いと非常に効率が悪いです。また、ハローワークの求人は自宅のネットからでは非公開とされている事もあり、実際に事業所に行き、設置されているPCから調べないと見られないこともあるので注意しましょう。

選考に時間が掛かる

ネットを利用しての応募ができないので、基本的には郵送で応募書類を郵送する事になります。

そして、結果も郵送になるので結果を知るまでに時間が掛かります。

また企業によっては、何時まで経っても結果が届かないこともあるので非常にストレスが溜まります。そのため、なかなか結果が届かない場合は電話をして確認するようにしましょう。また、応募する前に、ハローワークの職員を通して、応募書類の結果が届く日にちを教えて貰うのも良いかもしれません。

ブラック企業が多い

2097474e985f86a2f83d2a3981f3eac2

ハローワークのブラック企業率は他の媒体と比較すると高いです。

理由としては、ハローワークは企業が無料で掲載できる事と、基本的には掲載を断る事が出来ないからです。

そのため、ブラック企業も簡単に掲載できる事からブラック企業率が高いとされています。

またブラック企業ではなくても、空求人を掲載している企業が結構存在します。

空求人とは、採用する気はないが、取り下げるのが面倒、または一応良い人材が来たら採用を考えても良いと考えている採用意思の低い企業の求人になります。

そのため、待遇が良いのに、長い期間掲載している企業の求人は注意するようにしましょう。時間と郵送費が無駄になる可能性があります。

他にも、ハローワークに掲載されている求人の内容と実際の待遇が異なっていることもあります。そのため、面接時にはしっかりと求人の内容が間違っていないかも確認する必要があります。

ブラック企業の規制

年間数千件近くのブラック企業に関する苦情がハローワークに届くことから、2016年10月からハローワークもブラック企業の求人掲載依頼を断る事ができるようになりました。

ハローワークがブラック企業と判断する材料としては、違法な長時間労働、残業代の未払い等の違反行為を年に2回以上、労働基準監督署からの是正指導される等が条件になります。

ブラック企業に認定される条件は少し厳しいですし、実際に就職した方が申告しないと、なかなか表面化しないかもしれませんが、企業には大きなプレッシャーとなると言えます。

なにせ、この規制に引っかかると厚生労働省から正式に「ブラック企業」と認定される事になるからです。ハローワークに求人を掲載できなくなりますし、厚生労働省がブラック企業と認めた企業に応募する人も少ないと思います。

そのため、企業としては大きなハンデを背負う事になります。

長期的な視線で見れば少しずつハローワークのブラック企業率は減って行くかもしれません。

⇒ブラック企業の採用活動方法

⇒オススメの転職サイト一覧

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加