派遣企業のブラックリストに載ると仕事が貰えなくなる

leave-839225_640

派遣企業内でブラックリストの名簿を作成しているとされていますが、おそらく一つの企業内では作成されている可能性は非常に高いと言えます。

派遣先からクレームが多かったり、無断欠勤、酷い場合は無断によるバックレなどをした場合は、当たり前ですが要注意人物とされますし、ブラックリストに載せられる可能性があります。

もし、載ってしまったら、その派遣企業で仕事を貰う事はできません。

派遣企業は、派遣先があるから成り立つのであって、派遣先の企業の信用を裏切る行為をする登録者に仕事を紹介する事はないと思った方がいいです。

そのため、派遣だからといって手抜きの仕事をしたり、遅刻・欠勤を繰り返すと仕事を紹介して貰えなくなるので注意しましょう。

スポンサーリンク

ブラックリストの情報は共有されるのか

2771f800be5c505738f4bf26a01b9c31_s

企業同士でブラックリストのやり取りがある事はないと言えます。仮にした場合は、個人情報保護法違反になる可能性もありますし、そもそもライバル企業のメリットにもなる情報を交換するとも思えないです。

したがって、一つの派遣企業でブラックリストになっても他の派遣企業に登録すれば働く事はできます。

ただ、注意すべきなのは、派遣企業に勤める社員の入れ替わりです。

派遣企業に勤める営業の方は、結構勤め先を変える事が多いです。そのため、以前ブラックリストに入った派遣企業の営業などが、今登録している派遣企業に転職する可能性もあります。

また、企業同士による情報交換はなくても、個人単位で情報の共有をしている可能性も多少あるので、あまり問題を起こし過ぎるとリスクが上がります。

他にも複数の派遣企業と提携している派遣先で問題を起こすと、他の派遣企業にも知られる可能性もあります。

企業同士の正式な情報交換でなくても、現場間による個人同士の情報交換や流出は生じる可能性があります。

したがって、問題を起こしても他の派遣企業に登録すれば良いと思っていると、何時か行き場が無くなる可能性も少なからずある事を知っておきましょう。

派遣企業にもブラック企業は存在する

派遣企業の中にも、ブラック企業は存在します。本来の手数料以上にピンハネしている。ブラック企業ばかりに登録者を派遣するといった企業も存在します。

多くの方は、そのような派遣企業に登録せずに大手の信頼できる派遣企業に登録すると思います。

ただ、本当に信頼できる派遣企業は探して見ると少ないです。

そのため、問題を起こしてブラックリストに入ってしまうと、貴重な良心的な派遣企業で派遣社員として働ける選択肢を失ってしまうことになります。

また、派遣企業の中には、大手の有名企業と提携している事も多いです。そのようなチャンスが豊富な派遣企業では、間違っても問題を起こしたりしないようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加