会社の指示を無視したら解雇されるのか

86e0a962c7c0689a07aa70b68d8b9ebc_s

終業時刻前の急な残業による仕事の指示、担当の仕事以外の雑務etc…人によっては従う事を躊躇う事もあると思います。

特に担当している仕事が忙しいのに、雑務、雑用も自分の仕事として押し付けられると腹立たしく感じる方もいらっしゃると思います。

では、このような業務上の指揮命令に従わないと解雇の対象になるのでしょうか?

残念ながら最終的に解雇される可能性高いです。

一度就業規則を確認する事をオススメしますが、やはり業務上の指揮命令に従わない場合は、懲戒処分の対象になる事が記載されていると思います。

そのため、残業だろうと、雑務・雑用でも仕事を拒否すると懲戒処分の対象になる可能性があります。

※残業の場合は36協定を締結していないと、法律で定められた労働時間(1日8時間)を超える事はできません。中小企業の場合は、36協定を結んでいない事もあるので、確認してみても良いと思います。また、サービス残業を強制させる事は違法になります。

⇒36協定による残業はどこまで許されるのか

証明は難しいですが、業務上必要でもない雑務を与えることで、嫌がらせのような残業も認められないとされています。

スポンサーリンク

会社の指示を無視しても即時解雇される事はない

刑事事件になる犯罪行為等を行った場合は直ちに懲戒解雇できる可能性がありますが、程度の差はあれど、会社の指示に従わなかっただけで即時解雇される事はありません。

仮に就業規則で懲戒解雇の処分が記載されていても、就業規則違反と処分が釣り合っていなければ認められません。

そのため、自分が担当している仕事を優先するために、雑務・雑用を断る、または他の社員にして欲しいと相談したからといって、企業はすぐに解雇する事はできません。残業も同様です(評価は下がるかもしれませんが)。

企業が懲戒解雇といった手段を取るまでに、戒告(厳重注意のようなもの)、減給、降格、諭旨退職といったステップを踏む必要があるとされています。

もし、このステップを一つも踏まずに企業が懲戒解雇したのでしたら、解雇無効で争う事も可能です(社員の違反行為の程度によっては前述したように、手続きを省略して懲戒解雇できる場合もあります)。

ただ…結局会社からの指示に従わないのでしたら、遅かれ早かれ去る事になると思いまsう。

そのため、上司に相談などしても要望が通らないのでしたら、意固地にならずに、転職した方が良いとも言えます。

日本の企業はメンバーシップ型

日本の企業は、自分の仕事を遂行しながらも、他のメンバーとも協力して会社に貢献して行く事が求めらえるメンバーシップ型を取っている事が多いです。

そのため、専門職だから、担当している仕事があるから…といっても、上司からの命令だったら、現状の忙しさを説明した上で、出来る限りで協力する事が求められます。業務上必要なら、残業をしてでも協力する事が求められます。

理不尽だと思う事があっても、残念ながら日本で働いてく事を考えると我慢するか、あなたにとっては働きやすい企業に転職する以外の選択肢はないのが現状です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加