外資系企業は解雇されやすいのか

337758

外資系企業と聞くと完全実力主義で、結果を出さなければ、あっという間に解雇されてしまう企業体制を敷いていると思っている方が多いのではないでしょうか?

これは、確かに正しいですが、一方で日本は企業が社員を解雇する際は、非常に厳しい規制を敷いています。

そして、これは日本で経営している外資系企業にも当てはまります。

では何故、外資系企業は実力のない社員を、解雇させる事ができるのでしょうか?

スポンサーリンク

解雇ではなく自主退職に追い込む

c4bdf71884f706123a69dea4e3d87be6_s

外資系企業も前述したように、解雇権の乱用ではきないので、基本的には成果を出せない社員には、退職勧奨をして、自主退職して貰う形を取る事が多いです。

外資系企業は、基本給以外にも、成果によって支払わられるボーナスの部分が多いですし、結果を出す事ができなければ、容赦なく給料も減額されていきます。

成績が悪いと、業務改善命令が出され、企業側から出された目標を達成しないと大幅な給料減額や退職を迫られることもあります。

ただ、能力不足による業務改善命令を社員に指示して、目標の結果を出せなくても企業は社員を簡単には解雇できません。ある程度の結果を出して、成長が見込める社員を、一方的に解雇すると、解雇権の乱用になります。

ただ、一方で社員としては、実力主義の外資系企業で全く結果が出せずに、給料が減らされる環境に耐えられずに、自主退職する事がの方が多いと言えます。

自主退職せずに企業にしがみつく事はできる

結果が出せない社員に対して外資系企業ができるのは、基本的には退職勧奨と給料の減額になると思います。

能力不足による解雇は、業務態度に余程問題があるか、業務改善命令などをしても、まったく結果が出ない一部の方になります。

そのため、企業が期待したほどではなくても、ある程度の成果が出ているのでしたら、簡単に解雇されません。

もし、無理やり解雇されそうになっても、弁護士などに相談して解雇無効で争う事も可能です。

⇒企業からのリストラ・解雇は拒否できるのか

ただ、外資系企業で退職勧奨されながらも働き続けるのは…非常に肩身の狭い思いをしながら勤務することになります。

正直言って、相当なメンタルがないと居続ける事は難しいと思った方が良いでしょう。

また、仮に解雇無効で争っても絶対に勝てるという保証もありません。

なお、多くの外資系企業で働く社員は、結果を出せなければ自主的に去って行く方が多いです。

理由としては、外資系企業が実力主義である事を理解して就職する方がほとんどな事が挙げられます。

また、外資系企業には退職金がないのが当たり前ですし、福利厚生も整っていない事が多いです。そのため、結果を出せずに、給料を大幅に減額されていくのでしたら、転職した方が良いと言う判断を持つ方が多いのです。

※外資系企業の場合は、有期雇用で1年契約をしている事も多く、この場合は1年の間で結果を出せない場合は更新されない可能性が高いです。そして、契約期間満了で更新されない場合は、退職として一般的に扱われるので、社員側は受け入れる以外は難しいと言えます。

外資系企業で働くリスクを考える

実力主義な面を覚悟するのも必要ですが、同時に仕事の激務さも考慮する必要があります。

外資系企業は、本国にある企業の勤務時間に合わせる事を求められることもあるので、昼夜が逆転することもあります。

また、本国に頻繁に出張する事を求められることもあります。そのため、業種によっては非常に激務になりやすいです。

ただ、一方で結果を示す事ができれば、有給休暇などを取りやすいといったメリットもあります。もちろん、全ての外資系企業に当てはまる事ではありませんが、社員に対して裁量労働を許している事が多いです。日本企業の裁量労働制と違って、かなり自由度が高い事が多いです。

結果がだせる社員にとっては、お金もプライベートも充実できるチャンスもあると言えます。

成功と失敗した時のリスク、そして結果が出せなかった場合の対応を考えた上で外資系企業の就職を検討する事をオススメします。

※記事の内容は、私がネットの情報を元に書いた意見になり、情報の正確性を保証するものではありません。そのため、一つの参考として読んで頂ければ幸いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加